日刊サイゾー トップ > スポーツ > サッカー  > ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

ラグビー日本代表の快進撃に、サッカー関係者が戦々恐々!?「紳士すぎて困る!」

イメージ画像

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている。初戦でロシアから順当に勝利を奪うと、2戦目では世界ランキング1位(当時)のアイルランドに19-12で勝利するという、世界が驚く番狂わせを起こす。このアイルランドのスクラム、パワーに屈しなかったことは選手たちの自信となったのだろう。続く3戦目のサモア戦は、まさに横綱相撲で、スピードとフィジカルで圧勝した。

 2015年の前回大会がグループ戦術の力で耐え切った試合運びだったとすれば、今回は個の力と個人戦術の上積みにより、さらにレベルアップしたグループ戦術で相手を攻略しているといえる。それを証明するかのような試合になったのが、引き分け以上で史上初の決勝トーナメント進出となるスコットランド戦だ。

 スコットランドの特徴を分析し、中央で屈強なフォワード陣がアタックを連続し、空いたスペースをスピードのある選手たちが突破していく。日本の特徴であるスタミナを駆使した連動した攻撃で相手のスタミナを奪い、敏捷性でトライを奪う。戦術を遂行する個の力が際立った試合だった。

 充実した試合内容に、視聴率も呼応していく。開幕戦となったロシア戦は18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった視聴率も、アイルランドに勝利したことで一般層に火がつき、サモア戦では32.8%に。そして、スコットランド戦では驚異の平均39.2%、最高53.7%をたたき出した。

 そんなラグビー日本代表が見せる快進撃に不安な顔を見せるのは、Jリーグ関係者たちだ。

「ラグビーとサッカーは兄弟関係にあるので個人的には好きなのですが、今回のラグビーW杯は素晴らしすぎて困ります。たとえば、海外のラグビーの試合では、サッカー同様、エキサイトしすぎた選手が乱闘を起こすようなシーンもあるのですが、今回のW杯では皆無。むしろ、審判の言うことをしっかりと守り、大げさに痛がって審判をだますような行為もありません。さらには、試合後はノーサイドが徹底していて、相手をたたえ合っている。本当に見ていてすがすがしい。

 一方のJリーグでは、選手は審判にかみつくし、ちょっとした接触でも大げさに痛がります。試合後はそれぞれのサポーターからブーイングの嵐。ヨーロッパではラグビーは紳士のスポーツで、サッカーは労働者階級のスポーツといわれてきましたが、今の日本でのラグビーとJリーグがそんな関係に見えてしまって……。無スポーツ派層は、Jリーグよりラグビーに魅力を感じる人が多いのでは?」(Jリーグ関係者)

 先日行われたカタールW杯アジア2次予選のタジキスタン戦でも、堂安律が相手のファウルをアピールするため、1分近く倒れていた。その堂安だが、何もなかったように90分間プレーを続けている。ラグビーでは、脳振とうを起こしながらもプレーし、審判がドクターを呼んで確認させているのに、なんと軟弱なアピールかと思ってしまう。

 また、とあるサッカーライターはJリーグの試合を「あからさまにファウルをしながら、あれほど執拗に抗議できるなんて。ストレスのすべてを審判にぶつける、あんなものを勝利への執念と呼ぶのなら、なおさら胸クソ悪い」とバッサリ切り捨てる。

 昨今、旧態依然のゴール裏サポーターたちの振る舞い(参照記事)が問題視されているが、そもそもでJリーグの選手たち自体が変わらないと、Jリーグに未来はないのかもしれない。

(文=TV Jorunal編集部)

最終更新:2019/10/18 14:00
こんな記事も読まれています

ラグビー日本代表の快進撃に、サッカー関係者が戦々恐々!?「紳士すぎて困る!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真