日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジテレビが月9路線変更で復調

フジテレビが過去の栄光を捨てた! 「センスアピール」をやめて現実路線シフトで復調

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

フジテレビ

 長らく低迷を極めていたフジテレビが、ここ最近、復活の気配を見せ始めているという。あるテレビ局関係者はこう話す。

「必ずしも視聴率が爆発的に上がっているというわけでもないし、テレビ朝日の『ドクターX~外科医・大門未知子~』のような大人気ドラマがあるというわけではないのですが、全体的に数字が復調し、業界内では“フジテレビは盛り返している”という共通認識。実際に『めざましテレビ』や『直撃LIVEグッディ!』なんかの帯情報番組は、かなり好調ですしね」

 フジテレビの情報番組は、とにかく「現実路線」なのだという。

「『めざましテレビ』では、ネット上でバズった動画を積極的に紹介することも多く、とにかく視聴者が好きそうなネタをそのまま伝えるという方向性になっている。『グッディ!』にしても、単純にニュースをストレートに報じるというよりも、ネットユーザーがどう反応しているのかという点を重視した切り口になっています。

“ネットで注目されている=視聴者が求めている”というシンプルな方程式で、確実に視聴者を獲得しようとしているわけです。番組なりの独自性みたいなものは決して重視しないという意味では、ものすごく現実的な番組作りになっていると言えるでしょう」(同)

 このフジテレビの「現実路線」は、ドラマにも及んでいる。その顕著な例が月9ドラマだ。

「かつてはラブストーリーや青春ドラマばかりだった“月9”の枠も、ここ最近は事件捜査モノや医療モノが続き、視聴率も回復しています。月9のカラーを大きく変えてまで、昨今のトレンドに合わせてきたということですね。まさしく“現実路線”そのものです」(ドラマ関係者)

 さらに、バラエティーも「現実路線」をひた走っている。

「“バラエティーのフジ”なんて呼ばれていたころは、エッジの効いたコント番組が多く、積極的に新人芸人を発掘し、“フジ発のスター”を作り出していた。でも、今となっては、スタジオでVTRを見るだけの番組やクイズ番組も多く、かつての“バラエティーのフジ”らしさは、ほとんどなくなっています。

 ただ、それで数字の方は復調傾向にあるというのですから、何の問題もないということなんでしょう。まあ、今のフジテレビには、テレビ朝日の加地倫三氏やTBSの藤井健太郎氏、テレビ東京の佐久間宣行氏のような“センス系”のディレクターもいないし、下手に挑戦的なことをやるより、安全牌的な番組作りをした方が確実なのかもしれません」(バラエティー関係者)

 いわば“理想”をかなぐり捨てて、視聴者にすり寄ることで、復活を遂げようとしているフジテレビ。センスをアピールするよりも、こっちの方が視聴者に支持されるというのだから、結果オーライ?

最終更新:2019/10/23 17:55

フジテレビが過去の栄光を捨てた! 「センスアピール」をやめて現実路線シフトで復調のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

『悪霊狩猟団: カウンターズ』は韓国版『呪術廻戦』!?

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真