日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 東海オンエア痴漢炎上、UUUMは
【wezzy】

東海オンエアの痴漢ネタ動画炎上、UUUM “コンプラ教育”は機能しているか

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 人気YouTuber・東海オンエアが公開した「痴漢の練習」動画が波紋を広げている。問題の動画は先月25日に公開されたもので、タイトルは<【合法痴漢】鈍感男に気づかれずに何回ボディタッチできる?>だ。

 主な内容はメンバーのひとりである「しばゆー」に対して、不自然に思われない程度のボディタッチを繰り返し、できた回数を競って“痴漢王”を決定するといもの。動画冒頭でメンバーは「痴漢をしてはいけない」「やらない」としながらも、笑いながら次のような会話を繰り広げた。

てつや<皆さん、痴漢をした場合にバレたくないじゃないですか>
虫眼鏡<(痴漢をしたら)社会的に死にますもんね>
てつや<もしやっちゃったときにバレないようにしておくっていう保険をかけておけば、やっちゃっても大丈夫じゃないですか>
ゆめまる<犯罪者予備軍じゃん>
りょう<さすがサイコパスだな>
虫眼鏡<やるならバレないようにやれよってことでしょ>
てつや<練習する場ってないじゃないですか、痴漢を>
虫眼鏡<しまったー、練習だから許してって>

[wezzy_blogcard 73835]

 動画が公開されると、性犯罪を軽く扱ったことに非難と驚きの声が上がった。東海オンエアのファンからもだ。一部では「ネタなんだからいいじゃん」「痴漢はしてはいけないと言っているから問題ない」という擁護もあるが、チャンネル登録者数約500万人のトップクラスのYouTuberが、痴漢を笑える“ネタ”として全世界に配信してしまうこと自体に問題があるのではないか。

動画非公開後、メンバーやUUUMの対応は
 非難が集まったためなのか、公開から2日後の27日の午後、問題の動画は非公開になった。なお同日の夜には、東海オンエアのメンバーがゲスト出演する『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)が放送されていた。

 非公開にしたもののすでに動画は数多くのユーザーが視聴済であり、動画のスクリーンショットが出回っている。一度ネット上に投稿した動画は、チャンネルから削除したからといってなかったことにはならない。東海オンエアのように約500万人ものチャンネル登録者がいれば、なおのことだ。

 さらに、この騒動に目を付けた「シバター」や「ウタエル」、「みずにゃん」といったYouTuberが東海オンエアとUUUMを非難するネタで動画を公開し、火種は大きくなっている。

 ところが、現在もメンバーや所属事務所であるUUUMがこの件について公式に語ることは一切なく、東海オンエアは何事もなかったかのように新規動画やSNSの更新、ラジオ出演などを続けている。

 UUUMは所属YouTuberへの“コンプライアンス教育”を重視していると公言してきた。痴漢ネタ動画の炎上についてどのような対応をとるつもりなのだろうか。編集部からUUUMに質問状を送ったが、期日までに回答を得ることはできなかった。今後回答を得られた場合には追記したい。

最終更新:2020/03/03 05:30

東海オンエアの痴漢ネタ動画炎上、UUUM “コンプラ教育”は機能しているかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真