日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 地下アイドル、新型コロナで惨状

太客だけが頼り!? 地下アイドル、新型コロナ問題でプライベートの“切り売り”が急増

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:himno

 新型コロナウイルス問題は芸能界も直撃している。すでにテレビ番組の収録が延期、中止に追い込まれつつあるが、その影響は地下アイドル業界にも及んでいる。

「私たちへの感染はどうでもいいようです。それよりも、売り上げが優先ですから…」

 こう肩を落とすのは芸歴7年、アラサーの地下アイドルのAさん。現在も週に数回、都内のライブハウスで行われる対バンアイドルライブに出演している。

「元々お客はあまりいませんが、新型コロナの感染拡大でさらに減ってしまいました。とはいえ、この業界はいわゆる“太客”が何人かいれば十分。特典会では1人でツーショットチェキに何万円ものお金を落としてくれますから。その収入が私たちのギャラのすべてで、運営の人たちも完全に自転車操業です」

 すでに大阪市内のライブハウスでは観客、関係者が次々と感染する、いわゆる「クラスター感染」が発生しており、小規模から大規模まで数々のライブやコンサートが中止、延期に追い込まれている。

12

太客だけが頼り!? 地下アイドル、新型コロナ問題でプライベートの“切り売り”が急増のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

寺嶋由芙が今のアイドルさんたちに伝えたい言葉

 アイドルを取り巻く労働環境の諸問題に声を上げる寺嶋由芙、通称ゆっふぃーが、コロ...
写真