日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 山下智久“世界デビュー”の裏事情

山下智久、Hulu海外ドラマで“世界デビュー”も不発!? 世界進出にネガティブなジャニーズが山Pをゴリ押しする裏事情

文=小林真一(こばやし・しんいち)

山下智久、Hulu海外ドラマで世界デビューも不発!? 世界進出にネガティブなジャニーズが山Pをゴリ押しする裏事情の画像1
山下智久『Nights Cold』

 俳優で歌手の山下智久がメインキャストの一人として出演した、日欧共同制作ドラマ『THE HEAD』(Hulu)が、7月17日に最終話を配信した。山下は同作で全編英語の演技にチャレンジし、約1年ぶりのソロ曲『Nights Cold』もタイアップに起用。山Pの本格的な世界デビューに、ファンが湧いている。

 ジャニーズファンの間では、山下の海外ドラマ出演を皮切りに、ジャニーズがタレントの世界進出を加速させるのではないかとの噂もある。しかし、実情は違っているようだ。

「ジャニーズは中国や台湾、タイなどのアジア展開はお得意ですが、世界規模では太刀打ちできないことは分かっています。韓国のBTS(防弾少年団)のように、世界的に人気の高いボーイズグループは、歌唱力はもちろんダンスも高いレベルじゃないと相手にされません。ジャニーズのスキルは世界的に見れば低レベルですし、俳優業でもかつて木村拓哉のハリウッド進出を画策して失敗したというトラウマがあるので、今さら世界進出に積極的にはなれないんです」(民放関係者)

 では、なぜジャニーズは、山下の世界デビューを推し進めたのか。

「山下は『世界進出したい』が口癖で、海外仕事が取れるように事務所にも長らく働きかけてきました。これまで、白人女性モデルとばかり遊んでいるところを週刊誌に散々撮られてきた山下ですから、英会話のレベルはとても高い。ドラマでも、語学力は申し分ないことを証明しました。
 ですが、事務所としては、経費がかかり実入りは少ない海外仕事には積極的ではないんです。とはいえ、山下の機嫌を損ねるわけにはいきませんから、今回の海外ドラマは収支は度外視で無理やり獲得した仕事だったとか。結局、ドラマは既存のファン層以外に大した反響もなく、日本テレビが傘下のHuluの加入者を増やすために番宣に力を入れ、なんとか盛り上げようとしていただけという印象です」(週刊誌記者)

 事務所が山下を持ち上げるのは、理由があるという。

「King & PrinceやSnowMan、SixTONESなどの若手はまだまだこれからのグループですし、来年以降、嵐が活動休止になればジャニーズからは稼げるグループがいなくなる。このままでは、ジャニーズ帝国が崩壊する危険さえあり、山下をはじめ木村拓哉、生田斗真、風間俊介などの俳優部門も強化しなければ立ち行かないんです。
 かつて山下は、ギャラをめぐってメリー喜多川氏と大モメし、退所寸前まで仲がこじれた過去もありました。ですが、いまや事務所は山下をつなぎとめようと必死。今回も、山下のご機嫌取りのために世界デビューを“プレゼント”してあげたようなもので、実力で海外ドラマにブッキングされたわけではなかったんです」(前出の民放関係者)

 山下には次回こそ、実力によって世界デビューを果たしてもらいたい。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2020/07/21 08:00

山下智久、Hulu海外ドラマで“世界デビュー”も不発!? 世界進出にネガティブなジャニーズが山Pをゴリ押しする裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

アントニオ猪木「猪木といえば●●」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真