日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > コンビニ新商品「Tuesday Morning Reviews」  > セブンのビャンビャン麺、実態はほうとう!
Tuesday Morning Reviews #18

セブンイレブンのビャンビャン麺、実態はほうとうだった! 食べたこと無い辛味と酸味であと引くうまさ

文=テキパキオ

セブンイレブン話題のビャンビャン麺、実態はきしめんだった!  食べたこと無い辛味と酸味であと引くうまさの画像1
読めないし、書けない…。

 1年間に5000品超の新商品が並んでいる日本のコンビニエンスストア。本コラムでは、流通アナリスト・渡辺広明氏と主夫リーマン・テキパキオ氏が火曜朝に発売されるコンビニ新商品を独断と偏見でチェックし、そのポテンシャルを予測する。

テキパキオ(以下パキオ):Twitterで見つけてずっと気になっていた「麺」をやっと購入することができました。

渡辺広明(以下渡辺):何このおそろしく画数が多い漢字は? ビャンビャンメンなんて初めて聞いた。絶対読めないよね!

パキオ:はい。パソコンで正しく表示できるかどうかも怪しいんですが、中国の陝西省で一般的に食べられている幅広の麺です。酢と醤油、ラー油などを絡めて食べる汁なし麺なので油そばをイメージしたほうがわかりやすいかもしれません。

渡辺:へぇ~、西安風というのが興味深いね。僕の場合、幅が広い麺といったら、名古屋のきしめんとか群馬県のひもかわうどんをイメージしてしまうけど。

パキオ:セブンのビャンビャン麺は、今年4月に東京と千葉の一部店舗でテスト販売されたんですが一瞬で売り切れてしまったそうです。8月から東京限定で復活したみたいなんですがなかなか出会えませんでした。

セブンイレブン話題のビャンビャン麺、実態はきしめんだった!  食べたこと無い辛味と酸味であと引くうまさの画像2
名称はうどん。

渡辺:中国の麺だからてっきりラーメンかと思ったら、ラベルに「名称 ゆでうどん」と書いてあるね。

パキオ:さすが渡辺さん、チェックが細かい。原料の小麦粉を水と塩でまぜて生地にするのでラーメンよりもうどんに近いです。

渡辺:(食べながら)これはおいしいね。今までに食べたことがない味だから何と表現したらいいのかわからないけど、酸味と唐辛子のほどよい辛さが後をひいて、濃い味だからキャベツとかモヤシといった野菜も箸が進む。

パキオ:はい。「西安風うま辛香油麺」と書いてあるのが納得できるし、これで税込み429円ならお買い得感すらありますよ。渡辺さん、裏のラベルも見てください。

渡辺:原材料名が、「ゆでほうとう油和え」……。え、表には「ゆでうどん」って書いてあったのにほうとうだったの?

セブンイレブン話題のビャンビャン麺、実態はきしめんだった!  食べたこと無い辛味と酸味であと引くうまさの画像3
よくみるとほうとう。

パキオ:僕もびっくりしたんです。というのもここ数年、セブン-イレブンは秋冬に関東エリアで「武州煮ほうとう」というほかのコンビニはないメニューを出していたんです。つまり、秋冬にほうとうとして出している麺をアレンジして発売したのが、このビャンビャン麺じゃないかというのが僕の推測です。

渡辺:なるほどね。年間を通じて同じ麺をメニューにできたら生産ラインの効率は上がるだろうね。それにしても、セブンがほうとうを出していたのも意外でした。

パキオ:どうしてですか?

渡辺:実は僕もローソン勤務時代に、ギフト用商品を集めるために山梨県のほうとうの名店にあいさつに行ったことがあるんです。そこで本場の味を食べさせてもらったんだけど、パキオさんも知ってるように僕はカボチャが食べられないでしょ?

パキオ:知りません。オジサンなのに子供みたいな好き嫌いですね。

渡辺:だから、失礼を承知でお店の人に「カボチャ抜きにしてください」とお願いしたことを思い出しましたよ。味はよく覚えていませんが、ほうとうをアレンジするとビャンビャン麺になると気づいたのなら、セブンの商品開発力はさすがですね。

パキオ:同感です。ただ、現時点でもすごくおいしいのですが、改善点もいくつかあると思います。まず麺が油で和えられてくっつきにくくはしてるけど、結構塊になってるところがありました。

12
関連キーワード

セブンイレブン話題のビャンビャン麺、実態はほうとうだった! 食べたこと無い辛味と酸味であと引くうまさのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真