日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 北村一輝、伝説レベルの凄まじい過去

北村一輝『天国と地獄』で見せる抜群の安定感! もはや伝説レベルの凄まじい過去も

文=南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

ドラマ『天国と地獄』
天国と地獄~サイコな2人~』公式サイトより

 綾瀬はるかが主演を務める『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)は、謎が謎を呼ぶスリリングなストーリーの面白さもさることながら、出演している役者たちの熱演ぶりも大いに話題を呼んでいるドラマ。というのも、綾瀬はるかと高橋一生をはじめ、柄本佑や溝端淳平、そして北村一輝と個性豊かな演技派俳優陣が集結しているからだ。

 そのなかでも抜群の安定感を醸す人物がいる。カリスマホストからゲイバーのママ、ストーカーに連続殺人鬼、さらには古代ローマ人まで、幅広い数々の個性的な役柄を見事にこなしてきたベテラン俳優、北村一樹だ。

 『天国と地獄』は、手柄を上げようと息巻く女刑事・望月彩子(綾瀬はるか)と、猟奇的な殺人を繰り返すシリアルキラー日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わってしまうという物語。北村は、彩子の先輩で天敵でもある河原三雄を演じている。刑事としての能力は高いが、結果を出すためには違法捜査も厭わないという危険な匂いも漂う、クセの強い役柄だ。

 第3話までの展開は、入れ替わってしまった彩子と日高が、互いに牽制しつつも、表向きは協力して容疑を晴らすために奔走、証拠品の隠滅になんとか成功するが、彩子(中身は日高)が新たな猟奇殺人を犯してしまう、というものだった。これではもし元に戻れたとしても、彩子が殺人犯となってしまうという衝撃的な展開に、視聴者は突然トンネルの出口を塞がれたかのような不安な気持ちに陥った。さらに彩子の同居人の渡辺陸(柄本佑)も何やら怪しい行動が多く信用できず、彩子の後輩でいち早く2人の入れ替わりに気づいた八巻英雄(溝端純平)が殺されるのではとハラハラさせられる。謎の伝説、入れ替わりの謎、凶器となった呪いの石、黒幕の存在を示唆する謎の数字……物語の随所にあまりに多くの謎が潜んでいて、見るほどに不安を掻き立てられるのだ。

 そんななか、ここにきて北村の演じる河原の存在感が、急激に増している。当初はセクハラ常習の嫌な奴だったが、刑事として犯人を追い詰める高い能力と洞察力、犯人逮捕への強い意志、それらを持つ河原に、今はむしろ安心感すら覚える。入れ替わりによって善悪の境界が曖昧になり、あらゆるものが不確かだからこそ、河原のブレない確かさに、どこかホッとするのかもしれない。

 当然、それは俳優・北村一樹の確かな演技力があってこそ。北村のセリフの抑揚や間の取り方、表情、しぐさなどのすべてが河原という強烈なキャラクターの刑事を作り出している。入れ替わりという難役を熱演するメインの綾瀬と高橋の演技が好評だが、北村の見るものを惹きつける力強い演技は、さすがの一言。北村本人は同ドラマの製作発表会見に出席した際「また好感度が下がる」とボヤいていたが、SNSでは「演技の凄みは感じても、好感度は下がりません」「北村一輝のすごいところは顔。左右別々の表情を作れること」「北村一輝さんいい味」「北村一輝もキレッキレの鬼気迫真」など称賛する声が多く、なかなかの好感度である。

 なぜ北村の演技は人を惹きつけるのだろうか? それは北村の徹底した役作りへのこだわりにあるのかもしれない。そのストイックさは異常なまでだとも言われている。1998年公開の映画『JOKER 厄病神』でチンピラ役を演じたときのこと。北村は役作りのために健康な歯を何と9本も抜き、撮影に挑んだのだ。当然すべて差し歯になったのだが、北村は「髪を切るようなもの」とケロリとしていた。高い演技力とともに、北村の役者としての計り知れない情熱が、私たちの心を捉えるのだろう。

 さらなる秘密が明らかになる注目の第4話は2月7日の今夜、放送される。タイトルは「天敵刑事の逆襲で絶体絶命!サイコパス殺人鬼の本当の狙いーー!」となっている。日高と彩子のやり取りに違和感を抱き、あの眼光の鋭さでじわじわと追い詰める北村の濃く熱い刑事ぶりが堪能できそうだ。

■番組情報 日曜ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』
TBS系/毎週日曜日21時~
出演: 綾瀬はるか、高橋一生、柄本佑、溝端淳平、中村ゆり、迫田孝也、林泰文、野間口徹ほか
脚本:森下佳子
編成・プロデュース:渡瀬暁彦
演出:平川雄一朗、青山貴洋、松木 彩
プロデュース:中島啓介音楽:髙見 優
主題歌:手嶌葵「ただいま」(ビクターエンタテインメント)
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/

南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

南沢けい子(みなみさわ・けいこ)

愛知県名古屋市生まれの食いしん坊ライター。休日はNetflixやAmazonプライムを駆使して邦画や洋画、海外ドラマを観まくるインドア派だが、Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』に影響されて20インチのミニベロを購入。主人公の男の子たちになった気分でサイクリングロードを走るのが最近の楽しみ。

最終更新:2021/02/07 18:00

北村一輝『天国と地獄』で見せる抜群の安定感! もはや伝説レベルの凄まじい過去ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

Kダブが「トランプを支持するワケ」

 11月3日に控えた米大統領選において、現大統領であるドナルド・トランプ(共和党)と...
写真