日刊サイゾー トップ > 芸能  > 日テレ、男性版NiziUの利権狙うも拒否?

日テレ、男性版NiziUの利権を狙うも拒否されている?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

日テレ、男性版NiziUの利権を狙うも拒否されている?の画像1
2匹目のどじょう争奪戦勃発(写真/公式ウェブサイトより)

 2020年の芸能界で、もっとも話題をさらった話題のひとつがNiziUのデビューだ。コロナ禍の中でもしっかりと大ヒットを飛ばし、紅白歌合戦にも女性グループとしては史上最速の出場となった。

「この時代でCDが爆発的に売れ、更に配信でも桁違いの再生回数を記録。嵐の活動休止もありましたが、確実にエンタメを引っ張っていたのはNiziUでした。さまざまな映像を配信したHuluも加入者数が伸びたようで、運営主体の日本テレビは各番組でNiziUを特集していました」(民放関係者談)

 年末年始は日テレでNiziUの姿を見ない日がないというくらいに大バックアップムードだったが、そこまでしなければいけない裏事情があったという。

「新型コロナの流行が長引く中で、日テレは過去最悪と言われる大赤字の決算となると言われている。CMを中心とした広告費は若干復調していますが、先が見えない中で唯一好調だったHuluの加入者を伸ばすことに全力をかけています」(民放関係者談)

 また、日テレは囲い込みも狙っていたという。

「ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントが主体となってNiziUの運営管理を行っているのですが、老若男女まで幅広く周知できたのは日テレの力が大きい。パワーバランスとしては、日テレの方針に運営は逆らえない状況となっている。Huluの映像に関しては、日テレは基本的に、他局には貸し出さないのはもちろんのこと、番組出演の優先順位も当然日テレが最優先で行うように要請している。他局はNiziUバブルに乗ることができなかったんです」(民放関係者談)

 そんな中、早くもNiziUの男性版のデビュー構想が明らかとなった。

「プロデューサーのJ.Y.Parkが情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)のインタビューで、日本人で男性版NiziUProjectの構想があることを発表しました。アメリカ版も立ち上げると話していたのですが、コロナ禍の中で具体的に話が進んでいるのは、日本人男性のプロジェクトだと言われている」(音楽関係者談)

 もちろん日テレもこの話に前のめり。だが、そううまくはいっていない模様だ。

「わざわざ自局の番組で無理やり発表させたようです。もちろん、日テレのHuluでオーディションの様子から密着するつもりです。しかし、運営サイドはあまり乗り気ではないとの話も聞こえてきている。実際に、世間の見え方的にはNiziUが日テレ発のコンテンツのように捉えられていて、運営サイドは違和感を覚えているようです」(民放関係者談)

12

日テレ、男性版NiziUの利権を狙うも拒否されている?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真