日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 河西智美に期待される“起死回生の一手”とは?

元AKB48・河西智美のYouTubeが危険水域に…期待される“起死回生の一手”とは?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

YouTubeチャンネルが危険水域の元AKB48・河西智美に期待される起死回生の一手とは?の画像1
河西智美 公式YouTubeチャンネルより

 篠田麻里子や板野友美、指原莉乃など元AKB48の人気メンバーが続々とYouTubeデビューしている。

 現役時代、「神セブン」として人気を誇った彼女たちの動画はファンからも大好評。特に、指原が2月26日に投稿したメイク動画は、現在400万回を超える人気動画となっている。

 そんな中、同じグループで人気メンバーだったあの人もYouTubeデビューしていたようだ。芸能ライターが明かす。

「ともーみこと河西智美が、昨年11月16日にひっそり動画投稿を始めていたようです。板野が結婚後に投稿したコラボ動画は57万回の視聴回数をとれましたが、その他の動画は1万回もいかないものも多く、国民的アイドルグループの元メンバーにしては、厳しい数字ではないでしょうか」

 しかし、YouTubeに詳しいライターは、河西のとある強みを生かせば動画がバズるチャンスがあるとこう指摘する。

「実は彼女、現役時代はワイシャツ一枚でじゃんけん大会に出場したり、12年にリリースしたソロシングルでは、白シャツを羽織って登場するなど、刺激的なキャラで人気だったんです。現在の河西のチャンネルは、メイクやカフェの紹介など、女性向けの企画となっていますが、当時のキャラを生かして、『あの時のワイシャツを着て、メンバーとじゃんけんしてみた』のような男性向けの企画も取り入れれば、再生回数は軽く100万回は行くと思いますよ」

 ちなみにYouTubeではコスプレ衣装や水着程度なら動画によってはOKされているようなので、ぜひともオトナになったともーみのワイシャツ姿を見てみたいものだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/07/06 18:28

元AKB48・河西智美のYouTubeが危険水域に…期待される“起死回生の一手”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真