日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 河西智美に期待される“起死回生の一手”とは?

元AKB48・河西智美のYouTubeが危険水域に…期待される“起死回生の一手”とは?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

YouTubeチャンネルが危険水域の元AKB48・河西智美に期待される起死回生の一手とは?の画像1
河西智美 公式YouTubeチャンネルより

 篠田麻里子や板野友美、指原莉乃など元AKB48の人気メンバーが続々とYouTubeデビューしている。

 現役時代、「神セブン」として人気を誇った彼女たちの動画はファンからも大好評。特に、指原が2月26日に投稿したメイク動画は、現在400万回を超える人気動画となっている。

 そんな中、同じグループで人気メンバーだったあの人もYouTubeデビューしていたようだ。芸能ライターが明かす。

「ともーみこと河西智美が、昨年11月16日にひっそり動画投稿を始めていたようです。板野が結婚後に投稿したコラボ動画は57万回の視聴回数をとれましたが、その他の動画は1万回もいかないものも多く、国民的アイドルグループの元メンバーにしては、厳しい数字ではないでしょうか」

 しかし、YouTubeに詳しいライターは、河西のとある強みを生かせば動画がバズるチャンスがあるとこう指摘する。

「実は彼女、現役時代はワイシャツ一枚でじゃんけん大会に出場したり、12年にリリースしたソロシングルでは、白シャツを羽織って登場するなど、刺激的なキャラで人気だったんです。現在の河西のチャンネルは、メイクやカフェの紹介など、女性向けの企画となっていますが、当時のキャラを生かして、『あの時のワイシャツを着て、メンバーとじゃんけんしてみた』のような男性向けの企画も取り入れれば、再生回数は軽く100万回は行くと思いますよ」

 ちなみにYouTubeではコスプレ衣装や水着程度なら動画によってはOKされているようなので、ぜひともオトナになったともーみのワイシャツ姿を見てみたいものだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/03/09 23:00

元AKB48・河西智美のYouTubeが危険水域に…期待される“起死回生の一手”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

韓国ドラマの「少年ジャンプ」的必勝パターン

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

動物の交尾やマリファナをモチーフのスノードーム

 こぶし程度の小さなガラスのドームの中に、雪を舞わせて幻想的な世界を作り出す――。年...
写真