日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > どうした谷原章介?

どうした谷原章介 『めざまし8』で問題発言連発でも“セーフ”なワケ

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

どうした谷原章介 『めざまし8』で問題発言連発でもセーフなワケの画像1
『めざまし8』(フジテレビ系)

 今年3月に始まったフジテレビ系の情報番組『めざまし8』でメインMCを務める谷原章介。番組開始当初は、そのさわやかなイメージも相まって、“完璧すぎる”と話題になっていたものの、放送から1クールが経過すると、その発言が物議を醸すことも増えてきた。

「よゐこ濱口優さん・南明奈さん夫妻の第1子が死産になったニュースと伝えたときに、谷原さんは『こういう言い方をしたら誤解されるかもしれない』としたうえで、『これも自然の流れかもしれない』と発言しました。『誰のせいでもない仕方ないこと』という意味だったのでしょうが、『それが運命だった』と捉えた視聴者もいたようで、ネット上では批判の声もありました」(メディア関係者)

 さらに、熱海の土石流被害のニュースでは、流された家にいとこがいたと話す男性へのインタビューにおいても、批判されている。

「サブMCの永島優美アナと谷原さんが、男性に対して質問を投げかけていたんですが、それが少々しつこく見えていたようです。たしかに、似たような質問を何度もしていた印象で、被災者の親族に追い打ちをかけているかのように感じていた視聴者もいたのでしょう」(同)

 さわやかで完璧だったはずの谷原が、どうしてこんな問題発言を繰り返すようになったのだろうか。あるテレビ関係者はこう話す。

「谷原さんは本来すごく丁寧で慎重な人で、決して失言をするようなタイプではないんですよ。でも、ワイドショーのMCとなれば、多少は突っ込んだ発言も必要だし、毒舌を吐かなければならないこともある。なんとか“ワイドショーのMC”として振る舞おうと、ちょっと頑張りすぎているのかもしれないですね」

 そんな谷原だが、『週刊ポスト』2021年7月9日号では、緊急事態宣言下の6月中旬に、埼玉県の中華料理店で飲食を楽しんでいた様子が報じられている。

 その記事は、『めざまし8』生放送後の谷原が都内から埼玉県のクラシックカー専門店に行き、さらに中華料理店で飲食をしていたという内容。中華料理店があった埼玉県坂戸市は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の適用外で、お酒も提供していたという。

「谷原さんはどんちゃん騒ぎをしていたわけでもないし、夕方前に店を出ているので、そこまで問題がある行為ではありません。とはいえ、YouTuberの大人数飲み会騒動などがあった直後の報道だったということで、軽率な行動だったのではないかという声もありました。でも、この谷原さんの記事はまったく話題になっていないんですよね。後追いをするメディアもないし、ネットでも全然取り上げられていません。もしこの記事が大きく扱われていたら、谷原さんも謝罪をしなくてはならなくなっていたかもしれない。谷原さんとしては、胸を撫で下ろしていると思います」(芸能記者)

「朝の顔」として、少々危なっかしい雰囲気が漂っている谷原章介。いつか、大炎上騒ぎを起こさなければいいが……。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/07/07 17:00

どうした谷原章介 『めざまし8』で問題発言連発でも“セーフ”なワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

家族を介護する“ヤングケアラー”の孤独と本音

 18歳未満で家族の介護に携わっている人のことを「ヤングケアラー」と呼ぶ。  家族に...
写真