日刊サイゾー トップ > 社会  > スーパーマリオ64、史上最高額で落札!

「スーパーマリオ64」約1億7,200万円で落札、もはやレトロゲームソフトは資産なのか?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

1996年にNINTENDO64向けに発売されたアクションゲーム「スーパーマリオ64」。その未開封品がアメリカのヘリテージ・オークションから出品され、現地時間の2021年7月11日、なんと156万ドル(約1億7,000万円)で落札された。これは単一のゲームソフトの落札価格としては史上最高額だ。未開封品であるということに加え、「これほどきれいな状態で保たれているソフトは、世界に5つとないだろう」と絶賛されるほどの超美品であるということだが、そもそもなぜゲームソフトが2億円近い価格で落札される事態になったのだろうか。

アメリカのコレクター内で高まるレトロゲーム人気

(Image:Brian P Hartnett Jr / Shutterstock.com) あのマリオが3Dに!当時の子どもたちは熱狂した

 マリオシリーズ初の3Dアクションゲームであるという、家庭用ゲーム機史上にも価値あるゲームであることは間違いないが、それにしても2億円近くで落札されることに違和感を覚える人も多いだろう。

 このスーパーマリオ64が落札されるわずか3日前、同オークションでは海外版ファミコンNES用ソフト「ゼルダの伝説(The Legend of Zelda)」が約9,600万円で落札されたばかりだった。実は近年、アメリカのゲーム…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/16 12:30

「スーパーマリオ64」約1億7,200万円で落札、もはやレトロゲームソフトは資産なのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真