日刊サイゾー トップ > 芸能  > 河本準一、このタイミングで宮迫博之とコラボ

次長課長・河本準一、宮迫博之と「このタイミングで」コラボする厳しい事情

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

次長課長・河本準一、宮迫博之と「このタイミングで」コラボする厳しい事情の画像1
宮迫博之YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」より

 雨上がり決死隊の解散発表後、しばらくYouTubeでの動画更新を休止していた宮迫博之。8月26日から通常更新に復帰し、9月1日には次長課長の河本準一とのコラボ動画を公開した。

「宮迫さんは、コンビ解散によって吉本から絶縁状態になるのではないかと囁かれています。だから、吉本所属の河本さんとのコラボには、ちょっと驚きの反応もありました。でも、動画は解散発表前に撮影されたものであって、特別な事情などないとは思いますよ。河本さんにしてみれば、宮迫さんが注目されているうちにコラボ動画が公開されて、ちょっとうれしいくらいなのかもしれません(お笑い事務所関係者)

 河本は過去にも宮迫とコラボをしている。

「吉本内部では、宮迫さんとのコラボはあまり歓迎されておらず、できれば避けたほうがいいという空気になっています。ですが、河本さんに限ってはそんなことも言ってられない状況なんでしょうね。最近はずっとYouTubeの更新を頑張っていますが、再生回数が全然伸びないんですよ。芸人としての仕事もあまりないし、どうにかしてバズりたいという思いがあるんだと思います」(同)

 2012年に親族の生活保護不正受給問題が発覚してから、メディア露出が激減した河本。それ以降、なかなか再浮上できない状態が続いている。

「昨年9月からは本格的にYouTubeでの活動を頑張っていくと宣言しました。人気芸人も数多く登場し、調子が良さそうに見えていたんですが、再生回数が1万回にも満たない動画もあり、軌道には乗らなかった。そして、今年6月いっぱいでチャンネルの運営をサポートしていた会社が外れ、体制が変わったところで、再生回数がさらに落ち込んでいたんですよね。まさに藁にもすがる思いだろうし、吉本から嫌な顔をされようとも、宮迫さんの力を借りようとするのは仕方ないことですよ」(同)

 そんな河本が頻繁にゲスト出演していた、テレビ朝日系『にゅーくりぃむ』が、今年10月から『くりぃむナンタラ』と番組名を変え、夜10時台に昇格することが決定した。

「当然、河本さんが『くりぃむナンタラ』に出る機会も多いと思いますよ。でも、あまりに宮迫さんと仲良くしていると、それこそ吉本側から“指導”が入って干されるなんてこともありうる。ここでうまく立ち回らないと、宮迫さんもろともまたメディアから遠ざかってしまう可能性もあるでしょうね」(テレビ局関係者)

 再びスポットライトを浴びるために、さまざまな策を駆使しているものの、決して順調に事が進んでいかない河本。苦悩の日々は、もう少し続きそうだ。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/09/06 11:00

次長課長・河本準一、宮迫博之と「このタイミングで」コラボする厳しい事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

東京月島高利便性の半面で心配は…

今回は、予想を超え、大いに盛り上がり、一時は物々...…
写真
インタビュー

技能実習生の本当に迫ったルポ

 外国人技能実習生制度について日本のマスメディア上では悪い話ばかりが流通している。「...
写真