日刊サイゾー トップ > 芸能  > 比嘉愛未“フル回転”のウラにある事務所の事情

比嘉愛未が「ドラマ出ずっぱり」の“フル回転”状態になってしまった所属事務所の切実な事情

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

比嘉愛未が「ドラマ出ずっぱり」の“フル回転”状態になってしまった所属事務所の切実な事情の画像
公式サイトより

 比嘉愛未のドラマ出演が続いている。7月期にはフジテレビ系連続ドラマ『推しの王子様』で主演を務めたことも記憶に新しいが、この10月期はTBS日曜劇場『日本沈没―希望のひとー』に、小栗旬演じる主人公と別居中の妻役で出演中だ。

「『推しの王子様』は深田恭子が適応障害で急きょ芸能活動を休止することになり、比嘉のもとに代役の話が飛び込んで来たのは撮影開始ギリギリ。引き受けたのは、『日本沈没』が昨冬にクランクイン、今春にはクランクアップしていたことも大きかったのでしょうが……。比嘉は今年、3月に放送された三谷幸喜脚本のスペシャルドラマ『死との約束』(フジテレビ系)への出演に加え、6月からは深夜帯で主演の連続ドラマ『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系)もあり、7月後半は『推しの王子様』と合わせ、木曜に主演ドラマ2本が放送される状態が3週間続きました」(芸能記者)

 この多忙ぶりに、比嘉を心配する声も少なくないという。

「ゆっくり休む暇もなく撮影が続いた上、特に『推しの王子様』はピンチヒッターで主演を任されるというプレッシャーもあった。完璧主義者ということもあって現場では決して疲れた顔を見せなかったものの、相当ハードだったようです。7月放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)では、俳優業について『ここまで来たらやりますよ』と覚悟を決めていると意気込んでましたが、なぜか最後は涙していましたからね……」(同上)

 比嘉はもともとモデルとして芸能界デビューした後に、女優へと転身。オーディションを経て、2007年上半期のNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』のヒロインの座を手にした。しかしその後も脇役での出演が多く、主演作は意外にも少ない。フジテレビ系のドラマシリーズ・映画版ともにヒットした『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命 -』、こちらもシリーズ化されたテレビ朝日系の『DOCTORS~最強の名医~』など、脇役での好演がやはり印象的だ。

「脇役がメインだが、主演もこなせて、ゲスト出演する作品もしっかり“爪痕”を残せる。スタッフに対しても腰が低いので、続々と仕事が舞い込むことになりました」(ドラマ制作関係者)

 彼女が所属する事務所・ライジングプロダクションでは、これまで観月ありさが看板女優だった。だがここに来て、気づけば比嘉が“フル回転”状態で、すっかり観月に勝る勢いを見せている。

「知名度もある観月はどこにいても目立つし、ライジングは最近まで観月の主演にこだわっていた。なので、自然と比嘉の方に脇役のオファーが多く集まったが、今や、事務所の経営があまりよくないという話も。比嘉が1本でも多く仕事をこなして支えるしかない」(前出の芸能記者)

 比嘉の所属事務所は、かつては安室奈美恵やSPEEDを抱え、飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、それも今は昔。安室は独立・引退し、SPEEDは活動休止状態だ。三浦大知、DA PUMPら実力派アーティストを抱えてはいるものの、コロナ禍によりほかのアーティスト同様に打撃を受けてしまった。

「有観客ライブができず、興行で収益を上げられない状態が続いたため、今はアーティストよりも、バラエティーが主戦場の朝日奈央の方が“数字を持っている”ともっぱら。興行ができない穴埋めに、SPEEDのデビュー25周年企画として今年1月に1万8000円ほどのCDボックスを、11月には氣志團やLiSAが参加したトリビュートアルバムを発売するなどしたが、SPEEDの“遺産”を食いつぶしてしまう前に新たなスターを生み出さないと今後は厳しいだろう」(同)

 主演映画『吟ずる者たち』の公開も控える比嘉。しばらくは事務所を背負うことになるようだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/10/24 06:00

比嘉愛未が「ドラマ出ずっぱり」の“フル回転”状態になってしまった所属事務所の切実な事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

ふみくんが説く、令和の「シン・ヒモ」論

  ふみくんは、これまで13年間で10人以上の女性宅に転がり込み、都合1000万円も...
写真