日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 新内眞衣が見せた遅咲きアイドルの姿

乃木坂46卒業の新内眞衣が見せた、ちょっと遅咲きなアイドルの姿「物事に遅すぎることはない」

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

卒業発表の乃木坂46・新内眞衣が見せた、ちょっと遅咲きなアイドルの姿「ものごとに遅すぎることはない」の画像1
新内眞衣(乃木坂46公式サイトより)

 11月17日の深夜、乃木坂46の新内眞衣がラジオ番組『乃木坂46のオールナイトニッポン』にて、卒業を発表した。

「新内は2期生で、大学在学中の21歳のころに乃木坂46に加入。卒業するタイミングで正規メンバーに昇格したというちょっと“遅咲き”のアイドルでした。現在29歳で、グループ最年長メンバーです。彼女は乃木坂46の研究生時代、当時の収入では奨学金の返済ができなかったため、2014年から2018年までニッポン放送関連会社に勤め、OLとアイドルを兼業していたという異色の経歴も持っています。そのご縁もあり、『ニッポン放送』のスタジオで卒業を発表したと思われます。今年に入って2期生も次々に卒業していきましたが、新内までいなくなることには寂しさを覚えるファンは多いでしょしょう」(芸能ライター)

 乃木坂46といえば、グループ黎明期から中心メンバーとして盛り上げてきた1期生の生田絵梨花も、卒業を発表している。

「生田の卒業発表から立て続けに新内の卒業発表があったわけですが、実は生田と新内は同じ1月22日が誕生日なのです。ファンの間では『1月22日コンビが揃っていなくなってしまう』と悲しみの声があがっています。また、新内の卒業は2022年1月末が予定されていますが、新内は1月22日に30歳の誕生日を迎えます。たった1週間ほどかもしれませんが、乃木坂46史上、初めて30代のメンバーとなるわけです。そういった意味でも、新内は乃木坂46の一員として“新しいアイドルの形”を見せ続けてくれました」(アイドル誌ライター)

 卒業発表を行った『乃木坂46のオールナイトニッポン』では、新内のソロ曲が12月15日発売の乃木坂46ベストアルバムに収録されることを発表。その音源も解禁された。

「新内の卒業ソロ曲『あなたからの卒業』は温かくてポップな曲で、どこか松任谷由実の作品のような懐かしさを感じます。新内は『乃木坂工事中』でもバナナマンに『経験してるはずないけど、バブル感がある』と言われたこともありますし、まさに新内らしい曲と言えますね。ちなみに、乃木坂46は卒業生全員がソロ曲をもらえるわけではありません。新内は選抜常連でありながらポジションは3列目ばかりでしたが、卒業ソロ曲が与えられたことに、ファンからは『まいちゅんの努力の賜物』と称賛されています。ただひとつ懸念点は、新内の卒業コンサートなどは今のところ発表されておらず、開催される可能性も低いので、新内の卒業ソロ曲がファンの前で披露されることはないかもしれないということ。同時期に中心メンバーの生田の卒業があるので仕方のないことかもしれませんが……」(前出・アイドル誌ライター)

 卒業発表時のラジオ番組では、自身の乃木坂人生を振り返りつつ、「これからアイドルになる人とかも、年齢とかで迷っている人とかはぜひ挑戦してほしいし、物事に遅すぎることはないと思っている」と力強いメッセージを送ってくれた新内。唯一無二のアイドルであり続けた新内が残りの期間をどのように過ごし、どのように去っていくのか、見守りたい。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/11/24 12:00

乃木坂46卒業の新内眞衣が見せた、ちょっと遅咲きなアイドルの姿「物事に遅すぎることはない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真