日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > JO1ファンが『FNS歌謡祭』で歓喜したワケ

「相葉くんがついに…!」 JO1ファンが『FNS歌謡祭』で歓喜したワケ

文=宇原翼(うはら・つばさ)

「相葉くんがついに…!」 JO1ファンが『FNS歌謡祭』で歓喜したワケの画像
JO1(Getty Imagesより)

 12月1日、フジテレビ恒例の大型音楽特番『FNS歌謡祭』の第一夜が5時間にわたって生放送された。

 第一夜はKinKi Kids、関ジャニ∞、Sexy Zone、なにわ男子らジャニーズ勢を筆頭に、EXILE、JO1、DISH//、櫻坂46、ウマ娘、NiziU、浜崎あゆみ、松田聖子、YOASOBI、King Gnuなど50組以上のアーティストが出演。関ジャニ∞と生田斗真や、木梨憲武扮する「ピンドン・ノリコ」とマツコ・デラックス&ミッツ・マングローブなど、さまざまなコラボレーションも話題になったが、「JAM」と呼ばれるJO1のファンは“ある部分”で喜びの声を上げていた。

 JO1の出番は二度あり、番組冒頭の18:50頃には最新曲「僕らの季節」をテレビ初披露。そして番組終盤の22:30過ぎに和田アキ子とのコラボとして「古い日記」のパフォーマンスに参加したのだが……。

「JAMは『相葉くんのお口からJO1という言葉が出てきただけで嬉しい』『相葉くんがJO1って言っただけで泣きそう』『相葉くんがJO1紹介してくれて夢かと思った』など、司会の嵐・相葉雅紀さんがJO1の名前を口にしたことを一様に喜んでいましたね」(アイドル誌ライター)

 司会が出演者の名前を呼ぶなど当然のことのように思えるが、これには事情があるという。

「JO1は昨年初めて『FNS歌謡祭』に出演したのですが、その昨年12月2日放送の第1夜では、登場したのが深夜帯といえる番組終盤の23時過ぎ。加えて、JO1は別スタジオでの事前収録での出演だったのですが、なぜか司会の相葉の姿が消え、W司会を務める永島優美アナウンサーだけでJO1を紹介することに。『JO1の紹介の時だけ相葉くんが不自然にいなくなった』と視聴者をざわつかせたんです。

 今年7月の『FNS歌謡祭 夏』では事前番組で相葉さんが話の流れで『JO1』とだけ言った例はありましたが、今回は番組本編、しかも二度の出番とも相葉さんがしっかり司会者としてJO1の名前を口にして紹介したことにJAMは大喜び。もっとも、櫻井翔さんが司会を務める日テレの『ベストアーティスト』ではそんな露骨な対応はありませんでしたし、さすがに司会者を特定の出演者と絡めないようにする、というのにそもそも無理があったように思えます」(同上)

 またこの日は、別の出演者にもジャニーズと浅からぬ因縁があった。

「東方神起です。相葉さんが『東方神起のおふたりが2年ぶりに日本の音楽番組にカムバック』と紹介したのですが、これも実は15年ほど昔だと考えられなかった光景なんです。K-POP勢が当たり前のようにゴールデン帯の音楽番組に出演している今だと想像がつかないでしょうが、日本進出直後の東方神起はなかなか『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出させてもらえない時期が続きました。日本デビューから2年後の2007年に倖田來未のフィーチャリング・ゲストという力わざでなんとか出ることができましたが、単独で出演できたのはそれからさらに2年ほど後だったんです。

 これには『Mステ』常連のジャニーズ事務所の“意向”が影響していたと言われていますが、出演解禁となったのは、東方神起がSMAPをリスペクトしていると公言するなどジャニーズと友好的な関係を結ぼうとし、SMAPらのマネージャーだったI女史の心を掴むのに成功したからと言われています。実際、『Mステ』単独出演が叶った2009年3月は、『Mステ』の4日前に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で東方神起がゲストに呼ばれた回が放送されましたし、2週間ほど後には東方神起が『僕らの音楽』(同)でSMAPの『らいおんハート』をカバー、ナレーションを務める草彅剛が『僕らより歌がうまい』と絶賛するなど、急に融和ムードを演出していました」(同上)

 こうした事情は基本的にタレントの意思とは関係ないもの。相葉も今年は所属事務所の“政治”を気にすることなく、司会をちゃんと全うできてホっとしているかもしれない。

宇原翼(うはら・つばさ)

宇原翼(うはら・つばさ)

雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。

最終更新:2021/12/02 13:00

「相葉くんがついに…!」 JO1ファンが『FNS歌謡祭』で歓喜したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

ユーチューバー宮迫博之、逆風止まず

 焼肉屋「牛宮城」の開業を目指し奔走中の元お...…
写真
インタビュー

『神カル』新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「新型コロナウィルスを前代未聞の脅威たらしめている理由のひとつは、その『秘匿性』にあ...
写真