日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ムチャブリ!』はTBSとの差別化が鍵

勢い増す日テレ水10ドラマ『ムチャブリ!』は TBSとの差別化がヒットの鍵?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

勢い増す日テレ水10ドラマ『ムチャブリ!』は TBSとの差別化がヒットの鍵?の画像
ドラマ公式サイトより

 ヒット作が続き、好調な日本テレビの水曜ドラマ。1月12日に、高畑充希が主演を務める『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』が同枠でスタートする。

 日テレの水曜よる10時枠といえば、2021年7月期に『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』、10月期には『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』が放送されたが、オリコンが発表した「年間ドラマ満足度ランキング2021」で『ハコヅメ』は良作揃いだった昨年のドラマの中で見事首位を獲得、『恋です! 』も6位にランクインするなど、このところ絶好調だ。

 加えて、同枠で高畑は2017年の『過保護のカホコ』、2019年の『同期のサクラ』と2作品で主演を務め、いずれもヒットへと導いている。SNSなどでも「日テレ高畑充希はアタリだから期待したい」「水10前2つ大当たりしてるから期待!」といった声が多く見受けられ、放送前から『ムチャブリ!』に対する視聴者の期待値は高いようだ。

 本作は、出世欲のない30歳OL・高梨雛子(高畑)が突然社長に任命され、ムチャブリの嵐を突き進みながら成長していくという、「お仕事エンターテインメント」を謳うドラマ。ドラマのメインビジュアルは2パターン用意されており、いずれも、高畑演じる高梨がカリスマ上司・浅海寛人(松田翔太)と年下の生意気な部下・大牙涼(志尊淳)に挟まれて困惑の表情を浮かべているが、浅海・大牙との距離が微妙に縮まっているほうのビジュアルは「ムチャブリ&恋!?の予感」バージョンと説明されているとおり、3人の関係がどう恋愛模様へと発展していくのかも見どころとなりそうだ。

 期待度の高い『ムチャブリ!』だが、気になるのは、TBS火曜ドラマとの類似性。TBSの火曜よる10時枠は、2020年1月期の『恋はつづくよどこまでも』を皮切りに、このところ女性をターゲット層として“胸キュン”を打ち出した作品が集中的に続いており、『私の家政夫ナギサさん』『この恋あたためますか』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』『着飾る恋には理由があって』『プロミス・シンデレラ』『婚姻届に判を捺しただけですが』など、必ずといっていいほどヒロインをめぐる三角関係が繰り広げられてきた。今期の清原果耶主演作『ファイトソング』も、間宮翔太朗と菊池風磨との三角関係が用意されている。

 恋愛ドラマにおいて、ヒロインをめぐる三角関係は定番のひとつと言える設定だ。ヒロインが二人のイケメンの間で揺れ動くさまは、女性視聴者の心も大きく揺さぶることになり、ラブストーリーの醍醐味とも言えるだろう。『ムチャブリ!』の脚本を手がけるのは、『恋はつづくよどこまでも』にも関わった渡邉真子だ。ありふれた設定だけに、どう差別化していくのかが鍵となりそうだ。

 王道恋愛ドラマを連発してきたTBS火10枠に比べ、恋愛を絡めたお仕事系ドラマが得意な日テレ水10枠。恋愛以外の要素がどこまで視聴者の心を捉えることができるのか、まずは今夜放送の第1話を楽しみに待とう。

■番組情報
水曜ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』
日本テレビ系毎週水曜22時~
出演:高畑充希、志尊淳、松田翔太、夏帆、優香、笠松将、山田真歩、坪倉由幸ほか
音楽:河野伸
主題歌:ENHYPEN「Always」(ユニバーサルミュージック)
脚本:渡邉真子
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:鈴木亜希乃、柳内久仁子(AX-ON)
演出:猪股隆一、狩山俊輔
制作協力:AX-ON
製作・著作:日本テレビ
公式サイト:ntv.co.jp/muchaburi

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/01/12 19:00

勢い増す日テレ水10ドラマ『ムチャブリ!』は TBSとの差別化がヒットの鍵?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真