日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ムチャブリ』不評「何十年前のドラマだよ」

『ムチャブリ!』不評は何もかもが古すぎるせい? 一部の層からは共感の声も…

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『ムチャブリ!』不評は何もかもが古すぎるせい? 一部の層からは共感の声も…の画像
ドラマ公式サイトより

 高畑充希が主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』。これまでも働く女性をターゲット層に女性が活躍するさまざまなお仕事ドラマを数々世に送り出してきた、日テレ水10枠の新ドラマだ。

 1月12日にスタートした『ムチャブリ!』は、ベンチャー企業で社長秘書として働く高梨雛子(高畑)が、カリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)の命により、ある日突然、外食産業を主体とする子会社の社長に就任し、閑古鳥のなく老舗フレンチレストランの再建を任されることになるという、“爽快お仕事エンターテインメント”。仕事に恋に数々のムチャブリに振り回されながらも雛子が社長として女性として成長していく姿を描く。

 初回では、シェフからの反発を乗り越え、新メニューを開発するなど1カ月後のリニューアルオープンに向けて動き出した雛子たち。19日に放送された第2話ではなんとか無事に新装開店し、何とかお客さんを呼び込めるようになるところまでが描かれた。

 まだ始まったばかりの同ドラマだが、視聴者からの評判はどうもあまりよくない。同枠で『過保護のカホコ』(2017年)、『同期のサクラ』(2019年)と主演作を連続ヒットに導いた高畑に、雛子の上司役として松田翔太、雛子の部下として志尊淳がメインキャストに名を連ね、加えて荒川良々や笠松将ら実力派が脇をしっかり固めるなど、キャスティングは申し分ない。問題は、働く女性がターゲット層のはずが、肝心のお仕事部分がツッコミどころ満載なところだろう。

 第2話では、リニューアルオープンに漕ぎ着けたものの、客が想定以上に入らないというトラブルが。慌てて雛子自らチラシ配りをするが、友人の知美(夏帆)からの情報で、駅近くに同価格帯のライバル店が同日オープンしていたことが発覚。ライバル店はオープン記念で全品半額を打ち出し、大盛況だった。しかも雛子の店のチラシには地図が抜けているという“凡ミス”続き。事前リサーチも戦略も何もない、あまりにお粗末すぎる仕事ぶりに細かなツッコミどころはたくさんあるが、とにかく設定がどこか古くさい。20~30代がレストランのターゲットの割にInstagramなどのSNSを活用しているようでもなく、ただ駅前や店先でチラシを配るだけ。第1話では徹夜の根性論で新メニュー開発。そもそも、雛子が「30歳なのに彼氏もいなくてくすぶってる」とされていたり、雛子の比較対象として、30歳子持ち専業主婦の親友(夏帆演じる知美)が出てくるところからして、あまりに既視感の強い設定であり、今の時代らしさも感じられない。

 ネット上の声を拾ってみても「閑古鳥のレストランを繁盛させるまでの展開が何十年前のドラマだよ」「20年前の30歳の女のドラマと内容変わってないじゃん」などとイマイチ共感できていない視聴者が多い。

 ただ、第2話には一部の層に刺さったシーンがあった。それは、雛子が公園で出会い、店に招待した子連れの母親が店で食事をしながら涙を流すシーン。母親は子どもが小さく、店内で騒いでしまうことを懸念して最初は遠慮するが、雛子は「あんまりお客さんいないので」と誘う。そしてシェフからのサービスも受け、子どもが大喜びする姿に、母親は思わず嬉し泣きしてしまうのだ。このシーンに、子育て世代からは「ママさんが泣きながら食べてるの見て、私も泣いた」「久しぶりにゆっくりと素敵なお店でフレンチを子供と一緒に食べられる。子どもが喜んでいる、思わず涙。分かります。」と共感の声が上がっていた。

 令和の働く女性は、仕事に子育てにプライベートに忙しい。女だから、男だから、30歳だから、というステレオタイプはもう古くさい。雛子が目指すのは「令和を生きるすべての人を幸せにするレストラン」。まだまだ新米社長、これから成長していくはずだ。雛子が成長していくことで、令和を生きる女性視聴者からもっと共感が得られるようになるとよいのだが……。

 

■番組情報
水曜ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』
日本テレビ系毎週水曜22時~
出演:高畑充希、志尊淳、松田翔太、夏帆、優香、笠松将、山田真歩、坪倉由幸ほか
音楽:河野伸
主題歌:ENHYPEN「Always」(ユニバーサルミュージック)
脚本:渡邉真子
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:鈴木亜希乃、柳内久仁子(AX-ON)
演出:猪股隆一、狩山俊輔
制作協力:AX-ON
製作・著作:日本テレビ
公式サイト:ntv.co.jp/muchaburi

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/01/26 19:00

『ムチャブリ!』不評は何もかもが古すぎるせい? 一部の層からは共感の声も…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

中島岳志が見る2021年衆院選の行方

 政治学者・中島岳志氏を迎えた本インタビュー。前編「『選挙に行こう』だけでは意味がな...
写真