日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 高嶋政宏は“ポスト坂上忍”?

『バイキング』後番組に高嶋政宏がレギュラー抜擢、目指すは“ポスト坂上忍”?

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

『バイキング』後番組に高嶋政宏がレギュラー抜擢、目指すはポスト坂上忍?の画像1
高嶋政宏(東宝芸能公式サイトより)

 3月で終了するフジテレビ系の情報番組『バイキングMORE』の後番組として4月にスタートする新番組の詳細が徐々に明らかになってきた。新番組の番組名は『ポップUP!』で、放送時間は月曜日から金曜日までの午前11時45分から。同局の佐野瑞樹アナと山崎夕貴アナが進行を務める。

 各曜日のレギュラーパーソナリティも発表された。月曜日は小泉孝太郎、水曜日はおぎやはぎ、木曜日は高嶋政宏、金曜日は平成ノブシコブシ・吉村崇がそれぞれ担当。火曜日は調整中とのことだ。

 このパーソナリティ陣で特に注目を集めているのが、木曜日の高嶋政宏。実力派俳優としても高く評価されている高嶋だが、音楽、ゴジラ、SM、鹿児島など、幅広い分野におけるマニアックな知識を持っていることもおなじみである。

「昼の情報番組としては濃すぎるくらいの多趣味っぷりですからね。特にSMに関しては、完全な“実践派”でそういった一面が生放送でポロッと出てしまわないかも心配でありつつ、楽しみです」(テレビ局関係者)

 昨年の大晦日に放送された『笑う大晦日』(日本テレビ系)では、お笑いコンビ・空気階段とコラボし、SMコントを挑戦した高嶋。縄で縛られた姿で登場し、ムチで叩かれ、恍惚の表情を浮かべていた。

「後に空気階段がラジオで裏話を披露していましたが、高嶋さんは自前の大人のオモチャを持ち込んで、それをコントに使おうとしていたようです。もちろん地上波なので大人のその出番はなかったわけですが、高嶋さんが相当ブッ飛んでいるのは言うまでもありません」(同)

 また、かなりの健康マニアだという高嶋。その点において懸念材料もあるという。

「以前番組で水素水に対するただならぬこだわりを披露したこともあるんですが、生放送で科学的根拠に乏しい怪しげな健康法などを、“効果がある”として紹介してしまうのではないかと、ちょっと心配ですね。大真面目にオカルト的な持論を展開すれば、いろいろなところから苦情が殺到するのは間違いない。そのあたりをちゃんとセーブできるかどうかが問題です」(同)

 不安な要素も少なくない髙嶋だが、その一方でフジテレビからの期待も大きい。

「どんな形であれ、そのトークが面白いのは事実であり、フジテレビはエキセントリックな発言が話題になることを期待しているはず。それこそ、生放送が終わったと同時に、毎回高嶋さんの発言がネットニュースに取り上げられる……なんていう展開を想定しているはず。話題になっていけば、最終的に高嶋さんがメインパーソナリティになって全曜日に出演するということも十分あり得ると思います。『バイキング』だって、坂上忍さんはもともと月曜日だけのレギュラーだったわけですからね。まさに“ポスト坂上忍”という感じです」(同)

 高嶋政宏が、フジテレビの昼の顔になる未来もそう遠くはないかもしれない。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2022/04/12 02:30

『バイキング』後番組に高嶋政宏がレギュラー抜擢、目指すは“ポスト坂上忍”?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真