日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 宮迫博之、『牛宮城』大繁盛で好感度UP?

『牛宮城』大繁盛・宮迫博之、底辺YouTberの動画にゲスト出演で好感度爆上がり!?

『牛宮城』大繁盛・宮迫博之、底辺YouTberの動画にゲスト出演で好感度爆上がり!?の画像1
宮迫博之

 オープン直後に連日ネットニュースに取り上げられているのは、元雨上がり決死隊・宮迫博之が経営する焼肉店・牛宮城だ。

 ヒカルやシバターらの人気ユーチューバーをはじめ、ホリエモンこと堀江貴文氏や、お笑い芸人のエハラマサヒロ、江頭2:50、人気ボーカルグループ・Da―iCEの花村想太など、幅広い業界から有名人が多数来店している。

「開店前には肉の品質が低いという理由でヒカルが共同経営者から撤退、実業家のひろゆき氏は『1年以内に潰れる』と断言、堀江氏にも『半年後の撤退がベスト』とバッサリ斬り捨てられるなど不安視されていました。ともあれ、そのたびにネットニュースに取り上げられたことで、“話題の店”になったことは事実。結果としていい炎上マーケティングとなりましたね。開店後は堀江氏も手のひら返しのように絶賛。『初動はいい』としながらも、今後はリピーターが鍵を握ると指摘し、『渋谷系IT企業の宴会の定番にしていくのが手堅い』とアドバイスを送っていました」(芸能ライター)

 宮迫によると、3月の予約はいっぱいで、4月についても、スタッフそれぞれの知り合いだけで200件以上の予約が殺到しているという。

 そんな中、ネット上で話題となっているのは牛宮城の名前を使い、アクセスを稼ごうと必死なユーチューバーたちだ。

 登録者数が1万人にも満たない「底辺ユーチューバー」らが、次々に同店に足を運び、「牛宮城行ってみた」という動画を投稿し、注目を集めようとしている。 動画を観たYouTubeライターが言う。

「その中でも特にネット上で関心を集めたのは、5人組のユーチューバー。彼らは同店の焼肉コースではなく、まだ誰も食レポをしていなかったすき焼きコースを動画にしていたため、多数の視聴者の目に止まったようです。普段の動画は数百回と、底辺ユーチューバーらしい再生回数ですが、3月3日に『話題のお店ですき焼き食べてたらサプライズで宮迫さんが!』というタイトルで投稿した動画は3万回再生されています。さらに、撮影時は登録者数60人ほどのYouTubeグループだったにも関わらず、あの登録者数139万人の宮迫が席に来て、彼らの動画に出演したんです。視聴者からは、『こんな底辺チャンネルにもゲスト出演するとか神じゃない?』『宮迫ちょっと好きになったわ』『こいつらから登録者60って聞いて60万人と勘違いしたのかもよ?』と、さまざまなコメントが寄せられています」(YouTubeライター)

 確実に再生数が取れるコンテンツとして、今後さらに底辺ユーチューバーらが牛宮城に殺到しそう。宮迫にとっては渋谷系IT企業よりも手堅い客層か……?

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2022/03/14 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed