日刊サイゾー トップ > 芸能  > ヒカル、テレビ進出に意欲も“華がない”?

人気YouTuber・ヒカル、テレビ進出に意欲も…あの番組で露呈した致命的な“華のなさ”

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

人気YouTuber・ヒカル、テレビ進出に意欲も…あの番組で露呈した致命的な“華のなさ”の画像
YouTube動画「彼氏ができたエミリンを直接車で店舗までウーバーイーツしてみた」より

 芸能人からは「テレビなめるなよ!」と言われてしまいそうだが……。

 チャンネル登録者数458万人を誇るYouTuberのヒカルが、テレビ進出の意向を明かした。

 ヒカルは1月14日に公開したエミリンとのコラボ動画の中で、「テレビで通用する可能性が(自分には)あると思って。トークもある程度いけるし、YouTuberとして有名やし、プラス、実業家としての実績があるから。しかもNGない。爆弾発言OK、炎上OK。見た目がかっこよくなっとけば、かなりの(テレビ)需要があるんじゃないか」とぶちあげている。

「アパレルブランドや脱毛サロンを手がけ、実業家としても成功しているヒカルですが、昨年9月には新事業としてコスメブランドを立ち上げており、売り切れが続出。自身も美容にこだわっているヒカルは、肌をきれいにするためだけにトータル1000万円の費用をかけたそうですが、それでも現在の『肌レベル』は10段階の7とあまり納得がいっていないようで、それは“テレビカメラの画質に耐えられるレベルの肌”になる必要があるからだと説明。ヒカルは昨年、歯の矯正をしていることを明かしていましたが、それもテレビ映りを意識して始めたものだったそうです。現状でもテレビ出演オファーはあるものの、『今は肌が汚いから全部断っとる』『肌が汚いし、歯の矯正が終わってないから断っとる』とのことで、今年の夏頃には納得のいく肌と歯並びになる見込みで、それ以降、本格的にテレビ進出に動くとしています」(芸能ライター)

 ヒカルはテレビに進出したい理由について、「テレビで有名になりたいというよりも、広告として使いたいという気持ちが芽生えとって。テレビに出ることでしか手に入らない層がおって」「俺を知ってもらうツールとして考えたらテレビ最強。しかも広告費かからへんから。YouTubeで広告打つより、テレビを広告として使ったほうが俺のことを知ってもらえる」と、あくまで自分と自分のビジネスのプロモーションの場として利用するつもりであることを強調していた。

 しかし、このテレビ進出案に、ネット上では「この人にかぎらず、YouTuberがテレビに出ても微妙というかおもしろくないんだよなあ」「出たいなら、炎上系が出てるABEMAくらいがちょうどいいと思います」「こんな自信過剰なヤツがテレビに出てきたらチャンネル変える」などと否定的な声も多い。

「ヒカルは、昨年大みそかに行われ、フジテレビ系で生中継された格闘技イベント『RIZIN.33』に登場。炎上系YouTuberとして知られ、格闘家でもあるシバターの応援で、一緒に生歌を歌いながら入場していましたが、正直まったく華がありませんでした。これはテレビでは致命的です。一時、テレビ界ではヒカキン、フィッシャーズなど人気YouTuberを出演させる動きが目立ちましたが、思った以上にバラエティ番組との相性が悪く、視聴率を押し上げる効果もありませんでしたね」(テレビ関係者)

 実際、ヒカル自身にもこんな苦い過去があるという。

「2018年に人気YouTuberらが集まったイベント『うず祭り』が行われ、ヒカルはMCを務めましたが、キャラの濃い他の出演者に圧倒され、ほぼ喋っていなかった。ネット上では『ヒカル完全に置物やん』『出ないほうが良かったのでは』『しょせんはYouTuberだな』といった声が多かったですね。イベント終了後、ヒカルは『大勢の前で何かをやるのは向いてない、楽しそうな輪に入れない』とツイートしていましたが、この点を克服しないと、出演できるテレビも限られそうです」(YouTubeライター)

 数いるYouTuberの中でもトップクラスの知名度を誇るヒカルだけに、最初はテレビ出演のオファーも多いだろう。しかし、YouTuberの中ではトーク力に定評があるとはいえ、元々芸人だったフワちゃんのように“テレビのお作法”を理解していなければ、オファーが続くタレントとなるのは難しい。今年の下半期にテレビ進出をするとして、はたして来年もヒカルの姿をテレビで見ることはできるだろうか……。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/01/26 07:00

人気YouTuber・ヒカル、テレビ進出に意欲も…あの番組で露呈した致命的な“華のなさ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

フースーヤ、舞い戻る

 2016年年末、芸歴1年目にしてフジテレビの若手発掘番組『新しい波24』で華々しく...
写真