日刊サイゾー トップ > 芸能  > 広瀬アリス、懸念される“お腹いっぱい”感

広瀬アリス、異例の連ドラ2本同時出演で懸念される視聴者の“お腹いっぱい”感

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

広瀬アリス、異例の連ドラ2本同時出演で懸念される視聴者の“お腹いっぱい”感の画像
広瀬アリス

 広瀬アリスが3月28日、都内で「ジョージア ジャパン クラフトマン」リニューアル発表会に登壇した。

 広瀬は、日本コカ・コーラのコーヒーブランド「ジョージア」の「ジョージア ジャパン クラフトマン」シリーズのイメージモデルに引き続き起用されており、リニューアル発表会では新年度をイメージしたベージュのスーツ姿で登場した広瀬が「一日に関連していない作品で、複数の現場に行く時があって、気持ちをリフレッシュしたい時に飲みたい」と笑顔で語った。

 広瀬といえば、今や妹の広瀬すずと肩を並べる勢いの売れっ子だ。

「テレビ局にとって、コロナ禍でスポンサーの首を縦に振らせることは、これまで以上の難題になっています。そのため、人気女優の取り合いが始まっているのですが、その中でもアリスのスポンサー受けは別格。昨年12月にニホンモニターが発表した『2021年タレントCM起用社数ランキング』では、すずと並んで12社で3位に食い込んでいるのがその証左でしょう。auのオンライン専用プラン『povo』のイメージキャラクターに1月27日から就任しており、出演CMはかなりの出稿量で、今や広瀬アリスを見ない日はないと言っていいほどです」(制作会社関係者)

 4月からは、カンテレ制作・フジテレビ系列の月曜ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)と、読売テレビ制作・日本テレビ系列の木曜ドラマF『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』の2本の主演ドラマがスタートする。

「下積みが長く、主演も脇役もできるため、妹のすずよりも使い勝手がいい。バラエティでも、妹は台本がないと発言が危ういタイプですが、アリスは自分の言葉でしっかり伝えられる。『R-1グランプリ』でMCを務めた際にはカメラも気にせずに大笑いしている姿もお茶の間から好評でした。男性人気だけでなく女性人気も高く、アンチがほぼいない稀有な女優ですから、異例の連ドラ2本同時出演となったのも納得です」(テレビ誌ライター)

 そんな広瀬といえば、関ジャニ∞・大倉忠義との熱愛発覚が騒がれたが……。

「熱狂的ファンの多いジャニーズタレントとの熱愛報道にもかかわらず、過去に例がないほど無風でしたね。昨年の『知ってるワイフ』(フジテレビ系)で夫婦役を演じていたことも支持された要因かもしれません。大倉の元カノである吉高由里子とは永久共演NGになったとも一部で報じられていますが、広瀬の女優としての格が上がったことで、そもそも2人が同じ作品で並び立つ機会はまずないでしょう」(芸能関係者)

 しかし一方で、今回の連ドラ同時出演はジャニーズとの熱愛以上にリスクが高い面もあるという。前出の芸能関係者が続ける。

「コメディとラブストーリーとキャラクターが被らないとはいえ、演じ分けるには演技力が問われます。『恋なんて、本気でやってどうするの?』は昨年9月にはクランクインし、すでに撮影済のようですから、主演を掛け持ちという状態にはならないでしょうからその点は心配なさそうですが、『恋マジ』はSixTONESの松村北斗にシャワーシーンやベッドシーンがあるなど話題性は高いですし、『探偵が早すぎる』シリーズも人気のある作品だけに、どちらでも主演する広瀬はどうしても目に入る。さらに番宣によるバラエティ出演の稼働、そして現在CMにも多数出演しているだけに、この春は”広瀬アリスがやたら目に入る”という状態になる可能性も。視聴者に“お腹いっぱい”と飽きられなければいいのですが」

 急速に露出が増えると嫌われやすいというのは芸能人の悩みの種だが、はたして広瀬は好感度を維持したまま4月期を乗り越えることができるだろうか。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/04/07 07:00

広瀬アリス、異例の連ドラ2本同時出演で懸念される視聴者の“お腹いっぱい”感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真