日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『元彼の遺言状』大泉洋こそ主人公?

『元彼の遺言状』“守銭奴キャラ”の綾瀬はるかよりも…大泉洋こそ“裏”主人公?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『元彼の遺言状』“守銭奴キャラ”の綾瀬はるかよりも…大泉洋こそ“裏”主人公?の画像
ドラマ公式サイトより

 綾瀬はるか主演のフジテレビ月9ドラマ『元彼の遺言状』の第4話が5月2日に放送され、主人公の敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)と助手の篠田敬太郎(大泉洋)による華麗な謎解きが披露された。法律知識に裏打ちされた溢れるほどの自信で、大手企業や一流作家にも物怖じしない麗子による痛快ミステリーではあるものの、第4話を見た視聴者からは、篠田こそ主人公らしい、といった声も上がっている。

 第4話は、13年ぶりに新作を発表する女性ミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、記者発表会見で「私は人を殺しました」と告白することから始まった。実際に死体が発見され、秦野の家政婦で、殺された男の妻・加奈子(中島亜梨沙)が警察に自首する。男が殺された状況は秦野の新作小説に似ており、秦野は新作の出来に不安を覚えたとして、出版前の生原稿を読んでほしいと加奈子に依頼していたことを明かす。はたしてこれは殺人教唆にあたるのか。秦野がもし罪に問われれば、ファン待望の新作が出版中止になることは必至で、出版社はダメージを負う。その危機を救うことで顧問弁護士のポジションを手にしようと画策した麗子は、秦野や加奈子、そして加奈子の娘から話を聞いていくうちに、事件の意外な真相にたどり着く……というストーリーだった。

 見どころは、大手企業の顧問弁護士に就くことで高額の顧問料を継続的に手にしたい麗子と、秦野作品の長年の愛読者であり、なんとしても新作を出版してほしい篠田、それぞれの目的の違いによって行き着いた結末だ。殺人事件の真相は、売上冊数をアップさせたい秦野が自ら起こした“話題づくりのための殺人”だったわけだが、篠田は「そんなことしなくても作品の魅力は伝わるはず」と秦野に説く。そして、いざ麗子が出版社との顧問弁護士の契約締結が決まりかけたと思ったら、担当編集者が「もう終わってたんですよ、あの人は」などと秦野をバカにすると、篠田は怒りをにじませながら「お断りします」と勝手に顧問弁護士契約を断る。その姿に、SNSでは「篠田が主役だよね?」「よく言いました篠田さん」といったコメントが寄せられていた。

 対照的に、顧問弁護士をあと一歩のところで逃した麗子は「篠田のくせに!」と怒りを篠田にぶつけた。二言目には「お金にならない仕事はしない主義」と口にする麗子だが、初回から変わらぬその強欲っぷりに、視聴者からは「金の亡者という主人公に感情移入しにくいところ、篠田がその分を補完して、物語を引っ張ってる感じ」といった意見も。

 次回で第5話と折り返しを迎えるなか、篠田に触発されて麗子の改心はあるのか。主人公としての評価がいまひとつの剣持麗子の“人間としての成長ストーリー”にも期待したい。

■番組情報
月曜ドラマ『元彼の遺言状』
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:綾瀬はるか、大泉洋、生田斗真、関水渚、森カンナ、笛木優子、要潤、野間口徹、佐戸井けん太、笹野高史、萬田久子、浅野和之 ほか
原作:『元彼の遺言状』『剣持麗子のワンナイト推理』新川帆立(宝島社)
脚本:杉原憲明、小谷暢亮
音楽:川井憲次
プロデューサー:金城綾香、宮﨑暖
演出:鈴木雅之、澤田鎌作、西岡和宏
制作・著作:フジテレビ 第一制作部
公式サイト:fujitv.co.jp/motokare

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/05/17 14:56

『元彼の遺言状』“守銭奴キャラ”の綾瀬はるかよりも…大泉洋こそ“裏”主人公?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真