日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『マイファミリー』あのセリフの伏線回収!

“あのセリフ”の伏線回収!『マイファミリー』ついに犠牲者が出る最悪の展開に

文=東海林かな(しょうじ・かな)

“あのセリフ”の伏線回収!『マイファミリー』ついに犠牲者が出る最悪の展開にの画像
ドラマ公式サイトより

 第3話のラストで「なんでこうなるんだよ!」と、主人公・鳴沢温人が叫びながらその場に崩れ落ちるシーンが、ここにきてやっとつながった。

 二宮和也主演のTBS系日曜劇場『マイファミリー』の第9話が6月5日に放送される。

 第8話でついに一連の誘拐事件の真相が見え始めた。東堂(濱田岳)は、5年前に娘の心春(野澤しおり)を誘拐され、事件が未解決のまま迷宮入りしかけていることに焦り、警察を辞めて独自に調査を進めたが、何のてがかりも得られず、警察を動かすために模倣犯になることを選ぶ。こうして温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)の鳴沢夫婦の娘・友香(大島美優)を誘拐し、5年ぶりに犯人から連絡が来る。だが心春を人質にされた東堂はそのまま犯人に利用され続け、命じられるがまま、友人の三輪(賀来賢人)の娘である優月(山崎莉里那)の誘拐も実行したことを打ち明ける。温人が社長を務める「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社員である鈴間亜矢(藤間爽子)が事件への関与を温人に目撃されていたが、鈴間は東堂の妻の妹で、東堂に頼まれて協力していたのだった。

 だが、現在起こっている阿久津晃(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)の誘拐にふたりは直接関わっていないという。犯人の指示に従い、身代金を代わりに受け取る「受け子」を務めていた東堂たち。東堂の告白が事実かどうか確かめるために、温人たちは、犯人から東堂のもとにかかってくる電話を共に待つ。だが、温人たちの動きを怪しんだ警察が動き出しており、これを察知していた犯人は取り引きの中止を宣告。食い下がる東堂に、犯人は今ある身代金と引き換えに人質を解放することを了承するが、「ただし、返すのは心春さんか実咲さん、どちらか一人だけです」と残酷な選択を迫る。東堂は涙ながらに、生きている可能性が高い実咲を選んだ。しかし、犯人が指示した取引場所に到着したところで、今度は実咲の誘拐事件の交渉人を任されていた温人のもとに犯人から連絡が入る。そして一方的に「警察に通報しましたね。取引は中止です」と告げられてしまうのだった。

 通報したのは阿久津だった。この日の朝、ハルカナの副社長である立脇香菜子(高橋メアリージュン)が阿久津家を訪れ、鈴間が東堂の妻の妹であること、東堂が温人の友人であることを報告していた。以前にも温人を怪しんでいた阿久津は、位置情報や通信履歴から、東堂が鳴沢家にいることを割り出し、温人を信用しきれなくなって刑事の葛城(玉木宏)に連絡したのだ。温人が阿久津に「警察に連絡してませんよね?」と確認した際には、すでに阿久津家にはゾッとするほどの数の警察がいたのだった……!

 言葉を失う温人だが、取引場所の捜索をしていた東堂が何かを見つけて「急げ! 建物の裏だ」と温人に連絡する。阿久津との電話を切り、温人が慌てて向かうと、そこには頭から血を流して倒れている実咲の姿が。それを見て「なんでこうなるんだよ!」と思わず叫び、崩れ落ちた温人に、駆けつけた葛城が「署までご同行願えますか」と言い渡すところで第8話は終了した。

 ついに犠牲者が出てしまった……。この衝撃的すぎるラストシーンに「みてられない」「最悪な展開だ……」「鬼脚本すぎる」と視聴者から悲鳴が上がった。次回予告では、意識はないものの病院のベッドに横たわる実咲が映り、一命は取り止めた様子だが、温人が転落した実咲のもとにたどり着くまでの演出がリアルすぎて息すらできなかった。

 次回予告には他にも、逮捕された温人が葛城に協力を要請されるシーンがあったり、実咲のタブレットの中身を見ようとする未知留に「逃げろ、そいつが真犯人だ」という機械音声の電話がかかってきたり、タブレットをのぞく未知留が何者かに後ろから襲われていたりと、さらにスピードを上げてストーリーが動きそうだ。演出の宮崎陽平氏も「この後の話は8話の100倍くらいのスピードでドンドン展開して参ります」とツイートしている。第9話はますます目が離せない1時間となりそうだ。

■番組情報
日曜ドラマ『マイファミリー』
TBS系毎週日曜21時~
出演:二宮和也、多部未華子、賀来賢人、高橋メアリージュン、迫田孝也、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)、山田キヌヲ、渡辺邦斗、藤間爽子、松本幸四郎、富澤たけし(サンドウィッチマン)、大友康平、神野三鈴、大島美優、濱田岳、玉木宏
脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「それを愛と呼ぶなら」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
音楽:大間々昂
プロデューサー:飯田和孝、渡辺良介(大映テレビ)
スーパーバイジングプロデューサー:那須田淳
協力プロデューサー:大形美佑葵
演出:平野俊一、田中健太、宮崎陽平、富田和成
製作著作:TBS
公式サイト:tbs.co.jp/myfamily

〈関連記事〉
『マイファミリー』濱田岳“東堂”が語る「地獄」…誘拐の真実がついに明らかに
『マイファミリー』誘拐犯が判明! まさかの“裏切り”に視聴者の反応は…
『マイファミリー』それぞれの”家族”を守りたい気持ちが交錯…涙を誘った第7話
『マイファミリー』玉木宏の「葛城刑事」、異常なまでの執念が事件解決の鍵を握る?
今度の誘拐は2話で解決⁉ 『マイファミリー』のジェットコースター展開「秀逸すぎる」

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/06/06 07:55

“あのセリフ”の伏線回収!『マイファミリー』ついに犠牲者が出る最悪の展開にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真