日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 劇場版ワンピース、Adoの音楽も大ヒット

Ado、さらなるブレイクへ…『ONE PIECE FILM RED』音楽で「史上初」快挙連発!

文=加賀美ジョン(かがみ・じょん)

Ado、さらなるブレイクへ…『ONE PIECE FILM RED』音楽で「史上初」快挙連発!の画像
Ado「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」

 8月6日に劇場公開されたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の躍進が止まらない。尾田栄一郎原作の人気マンガの劇場版第15作となる同映画は、公開されるやいなや破竹の勢いを見せていたが、20日目となる8月25日についに興行収入100億円を突破した。

 アニメ化10周年・劇場版10作目となった2009年の『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』から始まった『ONE PIECE FILM』シリーズは、原作者自ら製作総指揮や総合プロデューサーとして作品に深く関わっていることもあり、いずれも興収48億円以上の大ヒットを記録している人気シリーズ。これまでの最高記録は2012年の『ONE PIECE FILM Z』による68.7億円だったが、『RED』は公開からたった10日で興収70億円を超えてシリーズ歴代最高記録を樹立と、圧倒的な勢いを見せていた。

 2022年に日本国内での興収が100億円を突破したのは、現時点で『RED』とトム・クルーズ主演作『トップガン マーヴェリック』の2作のみ。後者は5月27日公開、公開65日目となる7月30日に100億突破となっている。同じ「週刊少年ジャンプ」作品で比較しても、公開43日間で興収100億円を突破した『劇場版 呪術廻戦 0』(2021年)を上回るペースとなっており、『RED』の勢いの凄さが改めて浮きぼりになる。

 配給の東映にとっても、単独配給作品として初めて興収100億円を突破した記念すべき作品となった『RED』。社会現象ともなりそうな勢いだが、すごいのは映画だけではない。音楽面でも新記録を数々打ち立てている。

 『RED』は、映画オリジナルキャラクターとして世界の歌姫「ウタ」というヒロインが登場し、物語のキーパーソンとなっていることもあり、本作はミュージカル的要素も強い。映画の音楽は中田ヤスタカが担当しており、ウタの歌唱パートをAdoが担っている。そしてこの映画のために中田ヤスタカ、Mrs. GREEN APPLE、Vaundy、折坂悠太、秦基博ら7組がそれぞれ書き下ろしで楽曲提供しており、「ウタ」が劇中で披露するという趣向だ。

 中田ヤスタカ提供の主題歌「新時代」を含むこれらの楽曲はアルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』として8月10日にリリースされたのだが、これらが映画同様にヒットを記録しているのだ。

ビルボードジャパン、オリコンで「史上初」記録を次々と打ち立てる

 まず主題歌「新時代」。6月8日に配信で先行リリースされ、リリース直後からデジタルダウンロードやストリーミング再生数が好調で、ビルボードジャパンによる総合ソングチャートではトップ10を維持していたが、8月5日の映画公開を機に人気がさらに爆発。10日に公開されたビルボードジャパンチャートでは、ダウンロード指標で1位に返り咲き、ストリーミング指標でも2位となるなど急伸し、総合ソングチャートで3位と、これまでの最高順位を更新。その翌週には、なんと週間ストリーミング再生数が前週およそ818万回からおよそ1716万回とほぼ倍増する勢いを見せ、総合首位を手にした。その勢いは止まらず、24日発表のチャートでは、さらにストリーミング再生数はおよそ1874万回と伸び、2週連続で総合トップをキープしている。

 だが、驚くべきは、他の楽曲もチャートを席巻していることだ。8月17日発表の総合ソングチャートでは、Vaundy提供の「逆光」が総合2位、Mrs. GREEN APPLE提供の「私は最強」が総合3位と、トップ3を独占。ビルボードジャパン史上初の快挙を成し遂げた。さらに「ウタカタララバイ」が総合5位に入り、トップ5内には4曲同時ランクイン。加えて他の3曲もトップ20入りしたほか、テレビアニメ版のキャラクターソングをボーナストラックとしてAdoが改めて歌唱した「ビンクスの酒」も総合40位に送りこみ、『ウタの歌』収録曲すべてがチャートインするという、『RED』旋風を巻き起こしている。

 8月24日発表の総合ソングチャートでも、2位の座こそKis-My-Ft2の新曲「Two as One」に奪われたものの、引き続きトップ5に「新時代」「逆光」「私は最強」「ウタカタララバイ」の4曲が並んだほか、前週13位だった「Tot Musica」が6位に、前週12位だった「風のゆくえ」が10位に上昇し、トップ10内に6曲が同時ランクイン。これもまた、ビルボードジャパン史上初の快挙となった。

 オリコンの週間デジタルランキングにおいても、デジタルシングル、デジタルアルバム、ストリーミングの3部門で首位を手にするという3冠を2週連続で達成。デジタルシングルランキングでは、「新時代」「風のゆくえ」「私は最強」「逆光」の4曲が2週連続でトップ4を独占し、オリコン史上初の快挙となっている。また8月24日発表のストリーミングランキングでは、「新時代」「私は最強」「逆光」「ウタカタララバイ」「Tot Musica」の5曲がトップ5を独占。そのうち上位4曲はいずれも週間再生数1000万回以上を記録しており、同一アーティストによるトップ5独占、および4曲同時週間再生数1000万回超えはいずれもオリコン史上初となっている。(1/2 P2はこちら

12

Ado、さらなるブレイクへ…『ONE PIECE FILM RED』音楽で「史上初」快挙連発!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真