日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『テッパチ!』最終回直前に「胸糞すぎる」

『テッパチ!』佐野勇斗“馬場”に降りかかった“胸糞展開”に視聴者「無理すぎる」

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

『テッパチ!』最終回直前の“胸糞展開”の連続に視聴者「無理すぎる」の画像
FOD配信ページより

 とても前向きな気持にはなれないが……。

 町田啓太主演のフジテレビ系水曜ドラマ『テッパチ!』がいよいよ14日に最終回を迎えるが、最終回直前となる第10話の内容が「胸糞すぎる」と視聴者の不興を買っている。

 フジテレビが6年ぶりに復活させた水曜22時のドラマ枠第2弾として7月6日から放送されている『テッパチ!』は、陸上自衛隊を舞台にしたオリジナルドラマ。第6話までの第一部は自衛官候補生時代、第7話からの第二部は自衛官時代のストーリーとなっており、防衛省の全面協力のもと、「明るくて楽しくて熱い、イケメン熱血青春ドラマ」を描く。

 破天荒ぎみだが単純で熱い主人公「チュウ」こと国生宙を町田が、宙のバディを務める生真面目な馬場良成を佐野勇斗が演じるほか、第一部では佐藤寛太、一ノ瀬颯ら、第二部では工藤阿須加、桐山漣、水沢林太郎らイケメン俳優たちを取り揃えている。

放送開始から“サービスショット”が物議

 だが、放送開始当初から演出やストーリーに不評の声が相次いだ。栗原美和子プロデューサーが「シックスパックイケメンが勢ぞろいしての、肉体を駆使して一人前の自衛隊員になっていく姿を描きます」と語り、ドラマの謳い文句に「町田さんの肉体ポテンシャル全開!」などとあったように、初回から自衛官候補生たちのシャワーシーンが挿入され、イケメンたちの筋肉美を舐め回すようなカメラワークと共にこうした“サービスショット”が毎回のようにあったが、“こうすれば女性ファンが喜ぶ”という安直な考えが透けた演出に批判の声が噴出した。

 7月16日放送の『週刊フジテレビ批評』でも、早稲田大学文化構想学部教授の岡室美奈子氏からこうした“サービスショット”について「制作者側の感覚がアップデートされていないんじゃないか」と厳しく指摘された。同ドラマの企画を担当した渡辺恒也編成担当は「現場の若手スタッフからもいくつか『描写として必要なのか』という疑問の声は上がってきています」と弁解し、今後調整していくとしていたが、やはり批判の声が大きいと感じたのか、上裸が出てくるシーンは次第に減り、皆無となっていった。

 ほかにも、あまりにも“チャラい”自衛官候補生の描写、女性蔑視的なセリフなどさまざまな「問題点」が挙げられる作品だが、中でも9月7日に放送された第10話は問題作だったと言えるだろう。

長年の夢が「性悪女に台無しにされる」という理不尽展開

 第10話は、音楽隊を目指している馬場(佐野勇斗)がメインのストーリーだった。本気で馬場が音楽隊に入れると信じ、応援しているという宙(町田啓太)の言葉を受け、桜間冬美1等陸尉(白石麻衣)は東部方面隊・第1師団・第1音楽隊にトランペット1名の欠員が出ていることを見つけ、馬場に勧める。音大卒ではない馬場には難しい挑戦だが、めったにないチャンスということで前向きに練習に励む馬場。同じ「大木班」の仲間も協力し、両親からも応援され、練習に熱が入る。だが、オーディション当日、馬場が姿を消す。受付はしたものの、オーディションを受けていないのだという。寮にも戻っておらず、連絡がつかない。そこで宙は、広報活動の一環として参加したテレビ番組のお見合い企画で、馬場が葵(矢作穂香)という真面目そうな女性と知り合い、その後も交流が続いていたことを思い出す。

 宙が葵に連絡すると、衝撃的な事実が。葵はオーディションがあることを知っていて、酒の席の賭け事として、馬場が自分からの突然の呼び出しに応じるか試したという。オーディション直前の馬場に「助けて」「もうやだ……死にたい……」「私なんて生きてる価値なんてない」と意味深な電話をかけた葵。馬場が慌てて駆けつけると、そこで見たのは酔っ払った葵が賭けに勝ったと喜ぶ姿だった。葵の話に宙は「なんでそんなこと……!」と怒るが、葵は「だって酔っ払ってんだもん。ゲームくらいするっしょ」「まさかホントに来ると思わなかったけど」と笑い、まるで悪びれない。宙が馬場の自宅に駆けつけると、そこには自殺をはかり倒れた馬場の姿があった。命は取り留めたが、いろんな人の協力を得て掴んだ大事なチャンスをふいにした馬場は、退職願を出してしまうのだった――。

 このまさかの展開に、視聴者からは「胸糞すぎてテレビの画面割りそう」「音楽隊に憧れて自衛官になった人の末路がこれって胸糞悪すぎない?」「この展開クソすぎて無理すぎる」「イライラ回の中でもイライラ回すぎてほんと無理」「演技はいいのに、話の内容にイライラさせられたまま最終回か……」と、怒りと悲しみの声が続出した。

 馬場が音楽隊志望なのは初回からだ。視聴者は彼の夢をずっと知っていた。彼がずっと努力してきたことも。倍率の高さ、応募枠の少なさなどで一時は夢を諦めかけていたが、このドラマの数少ない良心である八女純一中隊長(北村一輝)のはからいで、馬場同様に音大卒ではないが音楽隊入りを果たした隊員を紹介してもらい、ふたたび情熱を取り戻した矢先のことだった。「彼は根本的に(自衛隊員に)向いてないかもしれない」「早めに他の仕事を選ばせてあげたほうが彼のためっていう考え方もある」という冬美のセリフから、夢が叶わない展開になることは予想できたが、それにしても「性格の悪い女に騙され、オーディションすら受けられない」という、これ以上ない理不尽が降りかかるとは。これがこのドラマが謳う、「未熟な若者たち」がぶつかる「現実の厳しさ」なのだろうか。せめて、葵が本当に馬場のような生真面目な女性で、数話前から真剣に交際をしており、その葵が何か命の危険に巻き込まれ、近くにいた友人か誰かが馬場にSOSを出し、馬場は迷った末にオーディション会場を出ていってしまった……といった事情なら、こんなにモヤモヤすることはなかったのだが。(1/2 こちら

12

『テッパチ!』佐野勇斗“馬場”に降りかかった“胸糞展開”に視聴者「無理すぎる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

東出昌大の驚愕山小屋生活!

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真