日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > M-1“審査基準”変化を分析

M-1に異変! ラストイヤー組もあっさり敗退の“審査基準”とニューヨークの的確分析

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

M-1に異変! ラストイヤー組もあっさり敗退の審査基準とニューヨークの分析の画像1
ニューヨーク Official Channel「【第188回】ニューヨークのニューラジオ 2022.11.20」

 12月18日に決勝戦を放送する、漫才日本一を決める『M-1グランプリ2022』(テレビ朝日系)。その準決勝進出者が、11月17日に発表された。

 準決勝に駒を進めたのは、オズワルド、真空ジェシカ、ロングコートダディ、ミキ、さや香、ウエストランド、からし蓮根といった決勝経験者のほか、『キングオブコント2022』で優勝したビスケットブラザーズなど。

 その一方で、インディアンス、ゆにばーす、モグライダー、ランジャタイという、昨年のファイナリストたちは敗退となった。

「今回の準々決勝の審査結果は、なかなかの波乱です。過去の実績や知名度があるコンビでも簡単に落ちていますし、見取り図や金属バットといった注目の“ラストイヤー組”もあっさり落ちてしまった。話題性やドラマ性という部分よりも、純粋にネタだけで評価したのでしょう。今まで以上の“ガチ”な審査にシフトしていったと思われます」(劇場関係者)

 過去に2度、M-1の決勝戦に進出しているものの、今年の予選には参加していないニューヨークは11月20日、YouTubeで配信された「【第188回】ニューヨークのニューラジオ 2022.11.20」で、今回の準決勝進出者について言及。

 屋敷裕政は、「審査員さんのなかでガラッと変えようぜっていう話があったかどうかはわからないけど」と前置きした上で、「いつもの傾向やったら、絶対にこんなには(ラストイヤー組などが)落ちひんよな」と、率直な感想を述べた。

 また、屋敷は、近年は全体的なネタのクオリティーが高まっており、準々決勝レベルになると、ほとんどの組がウケているため、ウケだけでは審査できないとも分析した。

 嶋佐和也は、いわばフレッシュなメンツとなった準決勝進出メンバーを見て、「“ここを残しておきたい”みたいなのはないね」とコメント。ネタのクオリティーではなく話題性やドラマ性で勝ち残っているケースがなくなったことで、若手にチャンスが回ってきていると感じているようだ。

「ニューヨークの2人が話しているのは、これまで審査を受けてきたからこその実感でしょう。過去の大会では審査員の好みやM-1予選の客層にハマっているかどうかが審査に大きく影響していたのが、今回からはネタのクオリティーやオリジナリティーなどを重視した審査に変わったということ。それこそ金属バットなどは、これまでM-1の決勝進出がずっと期待されていて、毎年の予選での注目株だったわけです。それをラストイヤーであっさり落とすというのは、まさに審査基準が変わったということでは。そういう意味では、かなりフェアな大会になってきているといえます」(同)

 審査の傾向が変わったことで、M-1の“競技性”が高まっているともいわれている。

「ほとんどの芸人がウケている状況なので、細かい部分をしっかり審査していくしかない。ひとつひとつのボケの独創性、ツッコミの間、ワードセンス、表情など、いくつもの要素を細かく審査し、それらを加点していくようなイメージですね。まさに、フィギュアスケートのような感じです。それこそ無名の芸人でも、ネタのクオリティーさえ高ければチャンスがある。一方で、センスだけでは戦いきれないわけですから、芸人たちにとっては本当に大変な戦いになっていくでしょう」(同)

 審査傾向が変わったM-1で頂点に立つのは、過去に実績がある芸人か、それともフレッシュな若手か──。

 

 

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2022/11/25 09:00

M-1に異変! ラストイヤー組もあっさり敗退の“審査基準”とニューヨークの的確分析のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真