日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 吉沢亮のコメディアンぶりを堪能
福田雄一監督による“豪華俳優陣のコントバラエティー”映画

吉沢亮のコメディアンぶりを堪能する『ブラックナイトパレード』

吉沢亮のコメディアンぶりを堪能する『ブラックナイトパレード』の画像1
吉沢亮

『新解釈・三國志』(2020)や『ヲタクに恋は難しい』(20)などで知られる、日本コメディ映画・ドラマ界の奇才、福田雄一監督による、クリスマスを舞台とした新作映画『ブラックナイトパレード』が12月23日から公開されている。

 本来、クリスマス映画といえば、クリスマス当日ギリギリの公開ではなく、2~3週前に公開するのが相場だと思うが……。イブの前日にぶつけてくるというのは、二宮和也主演の話題作『ラーゲリから愛を込めて』や、大人気ドラマの続編となる『Dr.コトー診療所』など、東宝系の作品が連続していることが理由だろうが、公開日にすらちょっと常人とは違うものを感じてしまう。

 ストーリー自体は非常に難解。どうしてそうなっているのか、何が目的なのかということを、何度も見失うほど、迷走していると言っても過言ではない。しかし、そんなことは、もはや“福田組”の常識というか、『新解釈・三國志』や『ヲタクに恋は難しい』でもわかるように、ストーリーテリングはお世辞にも上手いとは言えないことは、ファンであれば想定の範囲内だ。

 一方で、『アオイホノオ』(16)や『今日から俺は!!』(18)、『親バカ青春白書』(20)といったドラマ作品には良作が多い。長尺の映画には向いていないだけで、福田監督が優れたクリエイターであることには間違いないということは、筆者としては強く言いたい。

 ドラマシリーズやネットドラマならではの、変な“間”の使い方やゆるいテイストで本領が発揮されるのだから、そもそも福田監督に映画企画を振ること自体が間違っているのだ……。

【ストーリー】
これは、本当のクリスマスの話――。コンビニ「ポーソン練間北口店」バイト歴3年。受験、就活失敗。彼女無し。何をやってもダメな男・日野三春。
世間がクリスマスムード一色で盛り上がる中、突如、黒いサンタ服を着た謎の男・クネヒトに連れ去られてしまう。目覚めるとそこは、クリスマスを裏で運営する「サンタクロースハウス」‼世界中から届く子供たちの手紙、山積みのプレゼント、そして大勢のサンタたち…。なんと彼らは、悪い子にがっかりするプレゼントを贈る超激務の“ブラックサンタ”だった。そんな“ブラックサンタ”に就職した三春は、強烈な個性を持つ同僚たち・北条志乃、田中カイザー、古平鉄平と共に働き始めるが、クリスマス滅亡を目論む怪しい影が迫る……。

 

良くも悪くも、役者の新たな一面を引き出させる福田雄一の“発掘力”

 福田組の“お家芸”である橋本環奈の変顔ショーは、『午前0時、キスしに来てよ』(19、新城毅彦監督)や『カラダ探し』(22、羽住英一郎監督)にまで飛び火しているものだが、本作でももちろん見られる。予告でもイジり倒されているのだが、劇中ではそれを上回るサプライズも用意されている。

 アイドル路線を進んでいた橋本環奈は、その殻を『銀魂』(17~18)シリーズの鼻ほじり&変顔で破ったからこそ、今の人気と地位を築けているという考え方もあるだろう。

 さらに注目なのは、福田組の作品としては『銀魂』や『斉木楠雄のΨ難』(17)にも出演していながら、本作が初主演作となった吉沢亮だ。

 吉沢は、デビュー間もないドラマ『仮面ライダーフォーゼ』(11)の頃から、ちょっとおっちょこちょいな感じはしないでもなかったが、どちらかといえばクールなイメージのあった彼の、コミカルな部分を引き出したのも福田監督だ。本作で、ついにそのコメディアンぶりが極まったといえる。

 また、吉沢が『青くて痛くて脆い』(20、狩山俊輔監督)や『AWAKE』(20、山田篤宏監督)のように、主人公でありながらもどこか闇があって、オタク気質な役のイメージに合致するようになったのは、先に福田組の作品に出演していたからではないだろうか。なんなら、先日最終回を迎えた吉沢主演のドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)にもそれを感じた。

 そういった福田雄一の“発掘力”は決して偶然ではなく、もともと『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ系)や『明石家マンション物語』(同)といったバラエティを多く制作していた頃から、それは健在だった。お笑いタレントではない俳優やアイドルの面白さを引き出すのがもともと上手いのだ。

 “映画”として観てしまうから、どうしても批判が出ててしまうだけで、いったん映画を観るという意識を捨てて、“豪華俳優陣がコントをするバラエティ番組”を観る感覚で臨むのが正解ではないだろうか。

「だったら映画にするな」と思うかもしれない。だからこそ、福田雄一は映画ではないステージで輝かせてもらいたいと強く願うばかりなのだ。

『ブラックナイトパレード』
出演:吉沢 亮、橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐、若月佑美、藤井美菜、山田裕貴、佐藤二朗、玉木宏
原作:「ブラックナイトパレード」中村光(集英社「ウルトラジャンプ」「デジタルマーガレット」連載)
脚本・監督:福田雄一
脚本:鎌田哲生
制作プロダクション:CREDEUS
配給:東宝
©2022「ブラックナイトパレード」製作委員会 ©中村光/集英社

バフィー吉川(映画ライター・インド映画研究家)

毎週10本以上の新作映画を鑑賞する映画評論家・映画ライター。映画サイト「Buffys Movie & Money!」を運営するほか、ウェブメディアで映画コラム執筆中。NHK『ABUソングフェスティバル』選曲・VTR監修。著書に『発掘!未公開映画研究所』(つむぎ書房/2021年)。

Twitter:@MovieBuffys

Buffys Movie & Money!

ばふぃーよしかわ

最終更新:2022/12/23 12:46
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed