日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ「お年玉」トーク今後NGに?

ジャニタレの「後輩へのお年玉トーク」にも影響? ジャニーズ事務所「お年玉経費計上」で追徴課税

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

ジャニタレの「後輩へのお年玉トーク」にも影響? ジャニーズ事務所「お年玉経費計上」で追徴課税の画像
KinKi Kids

 ジャニーズ事務所への逆風がさらに強まってきたようだ。

 11月には滝沢秀明・元副社長の退社が明らかになり、続いてKing & Princeから平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太の3人が来年5月に脱退、それぞれ退所予定となることが発表されたが、今月28日発売の「週刊文春」2023年1月5日・12日号(文藝春秋)は、滝沢氏肝いりとされるジャニーズJr.ユニット「IMPACTors」がメンバー全員で退所する意向を事務所側に伝えたと報じている。また、27日にはSexy Zoneのマリウス葉が年内をもって脱退、事務所を退所するとともに芸能界を引退することも発表された。

 さらに27日にはジャニーズ事務所の巨額の申告漏れが報じられてしまった。各メディアが報じたところによると、ジャニーズ事務所、および所属タレントグッズの販売などを手掛ける「エム・シィオー」と音楽著作権を管理する「ジャニーズ出版」の関連会社2社(3社とも社長は藤島ジュリー景子氏)が東京国税局の税務調査を受け、これまでに受給した国の補助金の計上時期に誤りがあったなどとして、2021年までの5年間でおよそ65億円にのぼる申告漏れを指摘されたという。追徴税額はおよそ19億円になる見込み。

 加えて、今年までの5年間、所属タレントに「お年玉」として渡していたおよそ9000万円を経費として計上しようとしていたことが発覚。東京国税局は、藤島ジュリー景子社長の個人的な支出で経費にはあたらないと判断、所得税の源泉徴収漏れがあったと指摘しており、約4000万円を追徴課税したという。

 ジャニーズ事務所は報道を認めたうえで、「修正申告書を提出し、所要の納税を完了している」とのコメントを発表した。

「ただでさえ、滝沢秀明前副社長の退所の内幕や、キンプリメンバーへの冷遇などの報道でイメージダウンが著しいなか、今度は金の問題が発覚。『補助金の計上時期に誤りがあった』とされているのは、新型コロナウイルスによる音楽、演劇の公演中止や延期に伴って支給された『コンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金』などが指摘の対象で、計上時期の誤りについては意図的な所得隠しではないと判断されており、悪質ではないが、やはりイメージが悪い」(全国紙社会部記者)

 そして、気になるのが「お年玉」問題だ。

「ジャニーズでは年齢に関係なく、いくつになっても先輩から後輩にお年玉を渡すのが恒例という話はファンならずとも聞いたことがあるでしょう。きっかけは、少年隊の東山紀之が近藤真彦にお年玉をもらったことだったそうで、お年玉の額は明かされていませんが、1人あたり1万円以上渡すのが通例と言う説も。A.B.C-Zの塚田僚一は過去にテレビ番組で、共演したジャニーズJr.全員にお年玉を渡したら金欠になり、家賃が払えなくなったというエピソードを披露したこともあります。キンプリの平野紫耀も今年始め、テレビ番組で『後輩40~50人にあげた』『1列に並んでもらって、何にも入れず現金をそのまま(渡した)』との太っ腹エピソードを語ってましたし、ジャニーズメンバーが勢ぞろいするカウントダウンコンサートの後に行われた今年元日のKinKi Kidsのコンサートでは、KinKiの2人が『出費がスゴかった』などとこぼしたとか。一方で東山は過去に『あとでお年玉分を事務所からもらう』と発言していたともいわれています。みな自腹を切っているかのように語っていますが、今回の報道で、実は彼らが配っている“お年玉”の原資は事務所だったのでは、との疑惑も浮上してしまった」(芸能記者)

 今後、ジャニーズタレントたちが「お年玉」に関するトークを披露する機会はなくなるかもしれない。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/12/28 12:00

ジャニタレの「後輩へのお年玉トーク」にも影響? ジャニーズ事務所「お年玉経費計上」で追徴課税のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真