日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 日テレ・岩田アナ、報道転身の前兆か

日テレ・岩田絵里奈アナ“報道転身”の前兆? 『news zero』加入もささやかれるワケ

日テレ・岩田絵里奈アナ“報道転身”の前兆? 『news zero』加入もささやかれるワケの画像
日本テレビ公式サイトより

 春の改編で帯番組のレギュラーから外れた日本テレビの岩田絵里奈アナウンサーだが、バラエティ中心から報道番組のキャスターに路線変更するのではと注目されている。

 岩田アナは、朝の情報番組『スッキリ』のサブ司会を務めていたが、今年3月いっぱいで番組が終了。後継番組となる『DayDay.』のMCに元NHKの武田真一アナ、南海キャンディーズ・山里亮太と並んで抜擢されたのは、入社3年目の若手・黒田みゆアナとなり、岩田アナは帯番組のレギュラーが消滅することになった。

 『スッキリ』には同局の大エースである水卜麻美アナの後任として加入したという経緯もあり、業界内で当時「ポスト水卜ちゃんは岩田アナで確定」との見方が強まったが、後継番組で後輩にポジションを奪われる格好となったことで次期エース争いにおける失速が懸念された。

 岩田アナは帯番組こそなくなったものの、4月から進行アシスタント役として『全国ご当地ニュースバラエティー SHOWチャンネル』と『カズレーザーと学ぶ。』の新レギュラーに。以前から担当していた『世界まる見え!テレビ特捜部』と『沸騰ワード10』を含め、ゴールデン・プライム帯のバラエティを4本掛け持ちしており、人気ぶりは変わらないように映る。

 ただ、テレビ業界では「アナウンサーの花形は帯番組のMC」というイメージが強く、日テレにおいてもエースの水卜アナは朝の帯番組『ZIP!』の総合司会を務めている。そうした事情から、岩田アナが将来のエースになるには「帯番組への返り咲きが必須」との指摘があるようだ。

 しかし、『ZIP!』には水卜アナがおり、わざわざNHKの報道のエースだった武田アナを招聘した『DayDay.』も局上層部の肝煎り番組なので体制の変更はしばらくなさそうだ。また、ニュース番組激戦区となっている夕方の『news every.』はキャスターの布陣が強力で、入り込む隙間はあまりない。となると、元NHKの有働由美子アナがメインキャスターを務める夜の報道番組『news zero』にサブキャスターなどの立場で加入するのが最も現実的に思える。

 もしそうなれば、岩田アナはこれまでのバラエティ中心から報道系への路線変更が必要になるが、早くもその兆候があった。岩田アナは春の改編後から、ニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」でキャスターとして原稿読みを担当する機会が増加しているのだ。

 バラエティでの天真爛漫で華やかなイメージから一転、ニュースを担当している時は黒ニットをまとったシックな装いでメイクも別人のように落ち着いた雰囲気となっており、すぐにでも報道番組に登板できそうな印象だ。そのため、一部では「キャスター路線に転身するために経験を積んでいるのでは」「報道番組への加入に向けた助走期間では」と推測されている。

 「帯番組から外れて時間ができたからでは」との見方もあるが、日テレ屈指の人気者である岩田アナを、CS放送やネット配信が中心のニュース専門チャンネルに投入するメリットはあまりないようにも思えるため、何らかの意図があるのではと考える人が多いようだ。近年、テレビではなく動画配信などでニュースを聴取する層が増えたことで、「TBS NEWS DIG Powered by JNN」を筆頭に、系列局のニュースや独自取材などを集約したテレビ局主導のニュースメディアは勢いがあり、岩田アナの投入は「日テレNEWS」の強化路線ではないかとの指摘もある。

 岩田アナは朝の番組を担当していた3月までとガラッと生活が変わったことについて、自ら「朝から夜の女に……」とジョーク交じりで評していたが、秋の改編以降に「日テレの夜の顔」になる可能性は十分にありそう。そうなれば、岩田アナが勢いを取り戻すことになるのは間違いなく、同局の次期エース争いはさらに熾烈になりそうだ。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2023/05/23 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed