菅と二階、安倍派に対抗する「大二階派」画策で翻弄される岸田政権の舵取り

今週の注目記事・第1位「NHK密着番組が捏造、クローズアップ河瀬直美」(『週刊文春』1/20日号) 同・第2位「スクープ 日本海大海戦! 日・韓・中の命がけ『イカゲーム』が始...

滝沢眞規子まるで高級ブティックのクロゼット初公開 セレブでもイヤミにならぬワケ

 YouTubeのTAKIMAKI Channel/滝沢眞規子Officialでは、1月15日にアップされた動画で、タキマキがモデル人生初となる自宅クローゼットを公開した。 ...

山下達郎、木村拓哉への楽曲提供を語る「初めて聞いた生の歌声から着想」

 木村拓哉が、2年ぶりとなる2ndアルバム『Next Destination』を1月19日に発売する。  16日放送のTOKYO FM『山下達郎のサンデー・ソングブック』では...

指原莉乃は“離脱”? テレビマンが語る、熾烈なバラドル争い2022年勢力図

 一部スポーツ紙で、指原莉乃がMCを務めるバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)が、今年の春に終了すると報じられた。 「チュートリアルの徳井義実が番組に復帰し...

月9『ミスなか』がKing Gnuを無駄遣い? 不評の劇伴に“埋もれる”可能性

 菅田将暉主演のフジテレビ系月曜ドラマ『ミステリと言う勿(なか)れ』が好スタートを切っている。田村由美の人気漫画を実写化したとあってキャスティングに賛否はあったものの、視聴者...

『東大王』で快進撃の乃木坂46・北川悠理、“頭脳キャラ”は2代目も大活躍?

 1月12日、『東大王新春3時間スペシャル』(TBS系)が放送され、乃木坂46の北川悠理が芸能人チームで参戦した。北川は難読漢字クイズで大きな活躍を見せたという。 「東大生す...

『ミスなか』女性は大絶賛、男性は「説教クサい」…評価が真っ二つに割れるワケ

 映像化でこれほどガッチリ支持層を広げる原作も珍しいのではないだろうか?  菅田将暉主演のフジテレビ系月曜ドラマ『ミステリと言う勿(なか)れ』の第2話が今夜21時から放送され...

鷲見玲奈アナ、結婚を機に“キャラ変”!? ラスト写真集の“誤算”がきっかけか

 1月12日、フリーアナウンサーの鷲見玲奈が会社員の一般男性と結婚したことを発表した。  鷲見アナは自身のInstagramで、会社員の男性と11日に結婚したことを報告。「ま...

『バイキング』終了の布石? 山崎夕貴アナを“待機”させていたフジテレビのねらい

 今年3月いっぱいで終了するフジテレビ系情報番組『バイキングMORE』の放送枠で、4月から新たな情報番組『Dress Up!(仮)』がスタートすると、スポーツ各紙などが報じた...

船越英一郎サイドは戦々恐々!? “松居一代劇場”第二幕は開くのか?

 22歳年下で世界的なチョークアーテイストとしても知られる女優・歌手の松下萌子(39)との熱愛が発覚した俳優の船越英一郎(61)。“悪夢のドロ沼離婚劇“から5年が経過し、いよ...
本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

ゴールデンボンバー「もう紅白に出してくれない」が現実に… 黒い交際より断罪される不倫醜聞

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NHK紅白歌合戦』。先日、出場歌手が発表されたが、昭和から『紅白』について取材してきた筆者からすると、落選につながる要素として重視され...

『ラヴィット!』が批判と我慢の末に低迷を脱したワケ―テレビ界が抱える問題点

 朝の情報バラエティ番組『ラヴィット!』(TBS系)が当初の低迷を脱し、視聴者からの人気を獲得しつつある。 “ライフスタイルバラエティー”を謳い、麒麟の川島明をMCに迎えて2...

新聞の発行部数20年で約1700万部減少…「志望学生も非常に少ない」取材活動にも打撃

 新聞の衰退が止まらない。新聞協会はこのほど、21年(各年10月)の一般紙発行部数が3065万7153部となったと発表した。01年からの20年間で1690万1899部(35.3...

『乃木坂工事中』「シン・設楽の女」!? 田村真佑は松村沙友理の後継者になるか

 1月9日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、「B級ニュース 2021 前編」をオンエア。同企画は2018年からはじまった、1年のあまりフォーカスされることのない...

『関ジャム』音楽Pの年間ベスト10「サブスクにない曲は見つけてもらえない」

 1月9日の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にて、恒例企画「売れっ子音楽Pが選ぶ年間ベスト10曲!」が放送された。個人的に年間マイベスト企画は興味の惹かれない特集...

宮迫”盛りグセ”にゲンナリ、キムタク賞レースの行方他、週末芸能ニュース雑話

記者I 年明けも物騒な話題が続いていますが、自ら物騒な火種を抱え込んでいる元雨上がり決死隊の宮迫博之が公式YouTubeチャンネルで“懐事情”を公開して物議を醸しています。高...

2022年、日本でブレイクするK-POPアイドルはNCT? 韓国人記者が推すもっともなワケ

 2022年以降、日本でさらに人気と知名度を高めそうなK-POPアイドルグループはどこか。新年を迎え、日本の韓国エンタメ系メディアではさまざまな議論や批評が交わされているが、...

紅白歌合戦が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…『笑ってはいけない』復活が決定打に!?

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』に視聴率を脅かされてきた『NHK紅白歌合戦』。昨年はその「絶対に笑ってはいけないシリーズ」が休止になった...

企画が集まらない! 石橋、指原への“安易な”新番組オファーに見るフジの断末魔

 コロナ禍での広告収入減やテレビ離れでの低視聴率に苦しむ民放の中でも、とりわけ窮状が囁かれているのがフジテレビだ。  社員の平均年収が2000万円だったのは遠い昔、現在は70...

『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガの熱演が輝く御家騒動映画の魅力

 1月14日より映画『ハウス・オブ・グッチ』が公開されている。本作は80歳を超えてもなお『最後の決闘裁判』(21)という傑作を世に送り届けるリドリー・スコット監督の最新作。今...

略奪愛だった? 『鎌倉殿』の“原作”で描かれなかった源頼朝と北条政子の馴れ初め

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ ...
「昭和のおじさん文化」をぶっ壊さないと新しい日本はこない…

40代ロスジェネ世代メディア関係者語る22年の希望と絶望 菅前首相と岸田首相の評価

 コロナ禍が3年目に入った2022年。感染力の強いオミクロン株の登場で、日常生活の回復はまたも先送りとなってしまった。年明けには5年ぶりの大幅円安となり、日本経済の先行きには...

なんだこの世界観!? 突如発表されたRPG『昭和米国物語』には大事MAN+例のプール!

『昭和米国物語』という名のRPGが発表された。なんともインパクトのあるゲーム名だが、どうやらバカゲーではないようだ。というのも、発表と同時に公開されたトレイラーを見るとグラフィッ...

前田敦子との“離婚”がきっかけ? 勝地涼、まさかのブレイクを果たした事情

 昨年、前田敦子と離婚した俳優の勝地涼。この1月クールで、『ドクターホワイト』(フジテレビ系)、『となりのチカラ』(テレビ朝日系)という2本の連続ドラマに出演するなど、ここ...

名曲「ラブホじゃいや」から8年、MARIN始動!友人の物語+メンヘラ要素の新作

 2000年代の東京ストリートシーンで頭角を現したR&BシンガーのMARIN。2013年に1stアルバム『UNCHAINED』をリリースし、日本のヒップホップ・リスナ...
みやーんZZ「RadioEdit」#50

DJ松永、22年はさらにカマしそう?親友・朝井リョウと新年早々約14万円お賽銭投入

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。いつも聞きまくっているラジオの中から興味深かったエピソードを紹介する連載の第50回目。今回は2022年1月11日放送のニ...
ネットニュース編集者・中川淳一郎が総ツッコミレビュー!

黒木華ドラマ『ゴシップ』2話、あんな編集者は「ありえねぇ~」けど細部はよくできてる!?

 木曜10時の連ドラ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』(フジテレビ系)が開始したが、舞台は大手出版社のネットニュース編集部。この設定を聞いた瞬間、「そんな地味な仕事が連...

伊集院光、ラジオ番組終了に恨み節! 「文春」報道は事務所主導の火消し?

 1月11日、伊集院光がパーソナリティを務める朝番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)が今春終了することが発表された。  昨年から今春での放送終了が一部で報じられていたが...

K-POPはなくなる!? 世代間人気を超え米国カルチャーへ浸透「K-インヴェイジョン」とは

 今年のK-POPの世界的人気をうらなう上で、興味深い話題が取り上げられている。K-POPはMZ世代(ミレニアルとZ世代)や一部のファンに受け入れられている“サブカルチャー”...
フラット芸能

船越英一郎、還暦迎えなおモテモテもまだ再婚はない!?松居一代のトラウマ

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説! ――新年早々、船越英一郎さんの熱愛報道が飛び込んで芸能ニュ...

「麺とスープだけ」は漆黒マー油入りの衝撃! メーカーの本気がスゴいカップ麺3選

 カップ麺界では、ラーメン店の味を再現した名店再現系が人気ジャンルのひとつです。人気店の名を冠したカップ麺を見かけると飛びついてしまうという方も多いのではないでしょうか。  し...
稲田豊史の「さよならシネマ 〜この映画のココだけ言いたい」

佐藤二朗主演『さがす』―「ながら観」と「倍速視聴」ができない映画

 『岬の兄妹』(19)で国内映画界に衝撃をもたらした片山慎三監督が、『さがす』で商業映画デビューを飾った。「連続殺人犯を捕まえたら300万もらえる」と言い残して姿を消した父親...
ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真