日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 町田啓太のプレゼント相手

町田啓太は俳優界きっての洗濯好き!AQUA最新機プレゼントの相手は妻でなく…

 劇団EXILEのメンバーで、俳優の町田啓太が、10月5日に開催された「AQUA ドラム式洗濯乾燥機「まっ直ぐドラム2.0」新商品発表会」に出席した。

 2021 年から発売しているコンパクトボディで大容量のドラム式洗濯乾燥機「まっ直ぐドラム」新型モデルの2機種が10月19日より、1機種が来年1月中旬に発売されることを記念した本発表会。洗濯好きを代表して町田は日頃の洗濯へのこだわりなどをトークした。

洗濯で始まり、洗濯で終わる休日も

 AQUA社の代表者からの主催者挨拶や新商品紹介があった後、オールホワイトの衣装でステージに登壇したスペシャルゲストの町田啓太。

 この日、一挙に公開された「まっ直ぐドラム」新型モデル全7 台の洗濯機が並ぶ様子に、「圧巻ですね。ワクワクします」とコメントし、さっそく洗濯への愛を饒舌なトークで披露した。

「洗濯、好きですよ。気持ちいいじゃないですか? 休みの日とか4~5回(洗濯機を)回すときもあります。多いですかね? やっぱりタオルの中でもキッチン周りのものとバス周りのもので分けるとか、モノによって洗い分けすることもけっこうあるので、一日中、気づいたら洗濯で1日終わりみたいな日もけっこうあります。洗濯で始まり、洗濯で終わるみたいな。気持ちいいですよ。仕上がった時の開けた瞬間のふわっとした感じが本当に好きで。……(洗濯愛が溢れて)スミマセン」

俳優界きっての洗濯好き町田啓太、AQUAの最新ドラム式洗濯乾燥機のプレゼントで親孝行?の画像1

 ドラム式に憧れがあり、自宅で現在使用している洗濯機もドラム式という町田。今回、新発売される新製品は従来のドラム式洗濯機よりコンパクトなサイズ感で、タテ型スペースにも置けることなどが大きな特徴となっている。

 容量も10キロのスタンダードと12キロの大容量のタイプを、それぞれホワイトとシルキーブラックのカラーで用意。

俳優界きっての洗濯好き町田啓太、AQUAの最新ドラム式洗濯乾燥機のプレゼントで親孝行?の画像2

「 “まっ直ぐ”だからこそ大容量だけどコンパクトに収まるという。素晴らしいです。あと、僕がポイント高いなと思ったのは操作パネルが正面にあるから、ガラ空きになりやすい洗濯機の上のスペースも有効活用できそうだなと。カラーは自宅に置くなら白のほうが合いそうなんですが、思い切ってスタイリッシュなシルキーブラックにしたい感じもありますね。どちらもすごく素敵だと思います」

 大きな画面で操作がしやすいLEDタッチパネルを搭載し、扉は右開き/左開きの選択も可能とのことだ。

俳優界きっての洗濯好き町田啓太、AQUAの最新ドラム式洗濯乾燥機のプレゼントで親孝行?の画像3

「実家に1台送ります」

「まっ直ぐドラム2.0」では現行機種で高く評価されている機能面を強化。素早くシワを抑えたキレイな仕上がりを実現し、落ちにくい黄ばみも繊維の奥からキレイにする「お湯洗いモード」や、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能など、さまざまな機能が搭載されているようだ。

 今回、とくにイチオシの機能が水洗いしにくい衣類をマイクロミストとUVライトでリフレッシュしてくれる「エアウォッシュプラス」の機能。従来機種に搭載されていた熱とUVで除菌・消臭する「エアウォッシュ」に、銀イオンで雑菌の繁殖を防ぐ抗菌機能を今回の新商品では追加したという。

 実際にエアウォッシュ前のダウンジャケットとエアウォッシュで仕上げたばかりのダウンジャケットがステージに運ばれると、町田は「もう違いますね。こんなに違うんですか」と驚きのコメント。

「向かって左手側が仕上がったばかりのダウンジャケットってことですけど、一目瞭然ですね。ふわふわしていて。これ着心地もですけど、袖を通す前の見た目からしてテンション変わりますよ。ダウンももちろんですけど、冬モノってコートとかけっこう洗えない衣類が多いですから。色落ちとか気になるデニム系のアイテムも気にせずキレイにできますし、僕も好きなキャップやハット類も型崩れの心配なく、キレイにできるのはめちゃめちゃ良いですね」

 ぬいぐるみなどを清潔に保ちたい人にもオススメの機能だが、エアウォッシュ中は洗濯機の中がLEDで青く光るのもポイントだそうだ。

「UVライトってことですけど、これ見た目的にもかっこいいですよね。使っていて自分自身のテンションがちょっと上がるというか、洗濯機は見ていて楽しいみたいなことも大事なことだと思います」

俳優界きっての洗濯好き町田啓太、AQUAの最新ドラム式洗濯乾燥機のプレゼントで親孝行?の画像4

 町田さんは「まっ直ぐドラム2.0」を表現するキーワードを、「機能も全てそうですが、今の時代や人に寄り添って進化している。わかりやすく見えている部分だけでなく、フィルター掃除とか見えにくい部分の進化も今回たくさん見受けられて感動したので、「進化」という言葉にしました」とフリップで発表。次のように締め括っていた。

「僕はもう決めました。実家に1台送ります。実家の洗濯機がずっと気がかりでならなかったんですよ。ずっと進化していなくて(笑)。これはちょっとぜひ進化を試してもらって楽しんでもらえたらなと思います。感想が楽しみです」

最終更新:2023/10/15 09:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|テレビ・エンタメ・お笑い・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

秋ドラマ後半戦! 視聴率、忖度なし全話レビュー更新

『下剋上球児』『ONE DAY』『ブラックファミリア』…最新情報
写真
インタビュー

難関のFP1級を目指すサバンナ八木の夢

 続く物価上昇に給料アップは追いつかず、個人...…
写真
人気連載

晩年の家康が寵愛した側室たち

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

川島明「売れる」ことを決めた男の15年間

 6日に発表された2023年の「テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ/関東地区)で麒麟・川島明が自身初の1位を獲得。朝の帯番組『ラヴ...…
写真