日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『24時間テレビ』募金着服事件

『24時間テレビ』募金着服事件…『ZIP!』『DayDay.』完全スルーで批判「真っ先に報道しろ」

『24時間テレビ』募金着服事件…『ZIP!』『DayDay.』完全スルーで批判「真っ先に報道しろ」の画像1
日本テレビ

 日本テレビ系列・日本海テレビジョン放送の田村昌宏経営戦略局長が、10年間にわたり日テレ系チャリティー番組『24時間テレビ』に寄せられた寄付金を着服していた事件。各局ニュース番組がこの話題を報じる中、この件に一切触れなかった日テレ系情報番組『ZIP!』にブーイングが起きている。

 鳥取県鳥取市に本社を置く日本海テレビは28日、会見を実施。田村氏が『24時間テレビ』への寄付金約264万円を含む総額1118万円あまりを着服したとして、懲戒解雇処分を下したと報告した。

 同社の説明によると、『24時間テレビ』で集めた募金は金融機関に運ぶまでの間、同本社内に保管されており、田村氏は周囲の目を盗んで紙幣などを抜き取っていたとか。同氏は14年に約50万円、15年に約32万円……と23年までに8回着服。本人は社内調査に「親族のためにお金を用立てる必要があった」と話しているというが、同局はスロットや同僚との飲み歩きに使用していたと考えているという。

羽鳥慎一アナは憤り「何なんだ! この人は!」

 また、同日には日本海テレビが鳥取警察署に被害届を提出。会見に出席した田口晃也会長は引責辞任、西嶌一泰社長は報酬3カ月分を全額返上するといい、「弊社は責任をもって保管すべき皆さまの浄財が着服されるのを、10年間見落としてしまいました」「深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 なお、翌29日午前中には、この前代未聞の事件をフジテレビ系『めざましテレビ』をはじめ各局ワイドショーが報道。

 テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』では、元日テレ社員で11年から総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサーが「30年間、この日本テレビ系列の社員としてこの番組に携わって、寄付金に対してこういう思いなんだというのは……何なんだ! この人は! というふうに私は思います」「単なる着服で済まされない、非常に悪質な事案だなと、私は怒りを感じております」と憤りを露わに。

 TBE系『THE TIME,』では、司会の安住紳一郎アナが「募金という行為は本当に人の厚意ですから、こういうことがありますと募金自体に対しての不信感というのは出てきますね」と指摘した。

『ZIP!』『DayDay.』は募金着服事件を“スルー”

 一方、水卜麻美アナウンサーが総合司会を務める『ZIP!』や、武田真一アナウンサー、南海キャンディーズ・山里亮太らがMCを務める『DayDay.』では同日、この話題に一切触れず。これに対し「日テレは他人事か? 真っ先に報道するべきだろ」と疑問視するネットユーザーが相次いでいるようだ。

 さらに、「24時間テレビは責任をとって終了するべき。善意で寄付している人たちが不憫すぎる」「募金はちゃんとした団体にしたほうがいい。感動ポルノ番組はいらない」と番組終了を訴える声も目立つ。

 しかし、『24時間テレビ』は日テレにとってドル箱コンテンツといわれ、過去には「広告収入22億円超え」と報じられたことも。平均世帯視聴率が2ケタをキープしているうちは、あっさり終了するようなことはないかもしれない。

 かねてよりチャリティー番組にもかかわらず出演タレントにギャランティーが発生している点や、なぜか毎年行われる著名人によるマラソンなどが疑問視されてきた『24時間テレビ』。ネット上では「毎年募金してたけど、来年からやめる」との声もあるだけに、来年以降の募金総額が注目されそうだ。

仲宗根由紀子(エンタメ系ライター)

芸能誌の編集を経て、現在は国内・国外ドラマレビューを中心に執筆するライター。人気俳優のインタビュー経験多数。

なかそねゆきこ

最終更新:2023/11/29 13:06
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真