日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 宮迫博之、霜降り・粗品にケンカ売るも辛らつな声

宮迫博之、霜降り・粗品にケンカ売るも辛らつな声…あのちゃん「宮迫ダサすぎておもろい」

宮迫博之

 元雨上がり決死隊の宮迫博之が約5年ぶりに地上波テレビに出演すると告知していた番組が放送中止になった。相変わらず「テレビに出られない人」となっていることが露呈し、さらに霜降り明星とのバトルで人気YouTuber・ヒカルの“腰巾着”化していると指摘され、あのちゃんから「宮迫ダサすぎておもろい」と揶揄されるなど散々な状況になっている。

 宮迫は5月28日に投稿したYouTube動画で、6月3日深夜に放送される千葉テレビの『-タレント育成バラエティ-匠の教室』という番組で約5年ぶりに地上波テレビ出演を果たすと告知していた。

 ところが、千葉テレビは5月30日に「放送される番組の内容は事前に当社内で審査をしております。外部の制作会社が制作する番組については、番組の内容や出演者などを事前に通告していただき、当社内にて協議した上で制作していただくことを関係各社にお願いしております。ネットニュース等で報道されている宮迫博之氏出演の番組は、そのような通告もなく外部の制作会社によって制作されたものです。よって当番組の放送の予定はありません」と発表。制作会社や宮迫が勝手に制作・告知したものだとし、放送の予定はないというアナウンスのとおり、5月31日時点で千葉テレビの番組表では6月3日深夜の該当時間帯は別番組となっている。

 これを受けて、宮迫はSNSで「現在チームで事実確認を進めております」と報告したが、千葉テレビが「放送の予定はない」と正式発表しているため、おそらく決定が覆ることはないだろう。どうやら地上波復帰は幻に終わりそうだが、そんな宮迫に追い打ちをかけるような出来事があった。

 このところ、霜降り明星の粗品がテレビ番組やYouTube動画で宮迫批判を展開しており、先日も粗品は宮迫がかつてMCを務めていた『アメトーーク!』(テレビ朝日系)を例に「(宮迫は)まったくチームのお笑いできていないよ。独りよがりな、自分で笑い取りたいだけやん」「タイミングもやり方も全部間違ってるよ、これ。こういうMCが一番終わってんねん」などと非難していた。

 これを受けて、ヒカルは5月28日に開催した自身の誕生日カウントダウンイベントのステージ上で「粗品、宮迫さんの方が100倍オモロいやろ、お前より」と粗品を名指しで批判。さらに、ヒカルは粗品の相方・せいやもディスった上で、「お前らYouTubeやってんだよな。俺とコラボしてみろよ。お前ら結局、YouTubeで一騎打ちは逃げるんやろ。吉本がどうとか言って。してみろよコラボ、俺と。ノーカットで出したるわ、こっちは」とまくしたてた。

 ヒカルの勢いに影響され、ステージに同席していた宮迫は「うわっ、ちょっとエンジンかかってきた。エンジンかかってきたよ。粗品に言いたい」とヒートアップ。「テレビに出てた時の俺を超えてから言え!」「お前、『アメトーーク!』みたいな番組、作ったけ?」と粗品を攻撃し、客席から歓声が上がると「アゴしゃくれて、デコに刺さって死ね!」とノリノリで言い放った。

 さらに、ヒカルは「あのちゃんとばっかさ、ラブラブせんで(自分たちとコラボを)やろうよ、粗品。あれキモいから。あれ全然キモいから」「あのちゃんに媚び売ってダサいから!」と、粗品と親交の深いあのちゃんにも言及。宮迫は「ダサいなあ。あと、なんか時計買ってるけど、ダサいなあ。時計のセンスゼロ」と、ヒカルに便乗して粗品を揶揄した。

 この模様を収めた動画がSNSで拡散されたのだが、ネットユーザーの反応は宮迫に対して辛らつ。「ヒカルの腰巾着みたいになってる」「ヒカルと一緒じゃないとイキれない宮迫」「アメトーークは宮迫一人で作ったわけじゃないでしょ」「テレビに出てた時の俺を超えてからって、過去の栄光にすがってるだけで、今は勝てないこと認めてて悲しすぎる」といった厳しい声が相次いだ。

 さらに、あのちゃんは動画内で言及されていたことを受けてか、5月29日深夜に自身のSNSに「宮迫ダサすぎておもろい」と投稿。この投稿はほどなく削除されたが、あのちゃんの強烈なひと言によって宮迫のイメージがさらに落ちたとの指摘もあるようだ。

 宮迫が親子ほど年の離れたYouTuberの腰巾着のようになっているだけでも複雑な気持ちになってしまう人が多そうだが、粗品にケンカを売る時に過去の栄光を持ち出してしまうあたり、YouTubeや飲食店経営などで一定の成功を収めても、テレビで活躍していたころが忘れられないように見受けられる。テレビへの未練はある意味で「今も現役芸人である証拠」と捉えることもできるが、あのちゃんから「ダサすぎ」と評されてしまった宮迫が復権を果たす日はくるのだろうか。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2024/06/01 10:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed