facebook
twitter
人気連載
矢印

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

シミ除去、ヒアルロン酸注入に包茎手術まで……高齢者の美容整形事情
写真

オススメ情報
矢印

編集部の「ここだけの話」

矢口真里「復帰秒読み」、加護亜依新ユニットがPV公開……再起に懸ける芸能人
写真

イチオシ企画
矢印

再婚秒読み!? 誰も止められない中山美穂の暴走

離婚が成立し、息子にも愛想を尽かされたミポリンはどこへ?
写真



 >   > 男子諸君に朗報? “冤罪”防止グッズ「携帯用吊り革」誕生!

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check


20071228_tsurikawa.jpg
吊り革は廃車になった電車やバスから流用している

 40万人という日本一の購読者数を誇るカタログ誌「通販生活」(カタログハウス)。その07年秋冬号にて、衝撃的な商品が表紙を飾っている。「これだからボクはやっていない。」という見出しの下、紹介されているのは「携帯用吊り革」(税込525円)。電車で痴漢に間違われないため、頭上にかざす“痴漢冤罪防止グッズ”だ!

20071228_tsurikawa2.jpg
『通販生活』2007年秋冬号

 同誌では、ときたまこういったユニークな商品が紹介されており、過去にも「スイカ専用保冷庫」(07年夏号)や「ヨン様変身グッズ」(04年秋号)などが誌面を賑わせていた。今回「携帯用吊り革」を取り上げた経緯を、新商品開発部の山川千秋さんは次のように語る。

「痴漢冤罪を防ぐ方法を調べていたら、『ドア付近や車両の隅に立たない』『吊り革・手すりは両手で持つ』といったことが挙げられていました。でも、ラッシュ時には吊り革のない場所に追いやられることもありますよね。そこで『自分で吊り革を携帯すればいい』と閃きまして、吊り革を販売している業者を見つけ、紹介することにしました」

 女子たちに女性専用車両が作られたように、僕ら男子にも「これだからボクはやっていない」と胸を張って言える武器が必要なのかも。ということで、さっそく注文しようと業者に連絡してみると、なんと売り切れ! 50本あった在庫は、「通販生活」で紹介されると、瞬く間に完売してしまったらしい。吊り部分がもっと長いタイプ(税込735円)ならあるというので、仕方なくそちらを注文したのだが、痴漢冤罪におびえる男子の多さを、あらためて実感した次第である。          
(安田明洋/verb)

『通販生活』(2007年秋冬号)
携帯用吊り革が紹介されている巻頭特集から冷えの徹底対策まで、豊富な内容はカタログ誌の域を超えた充実度。発行/カタログハウス 価格/180円(税込)

【関連記事】 あなたの空想を無印良品が商品化!
【関連記事】 お客の妄想を商品化する 伝説のバイブ職人のこだわり




[ 関連記事 ]

[ オススメ記事 ]
PR


powered by newziaコネクト
[ カルチャー 最新記事 ]

PR


PR





注目のキーワード

オススメ情報

サイゾーメディアの人気記事
トピックス

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。