人気連載

サイゾー×SOD緊急連載『明日に向かって勃て』

学校では教えてくれない「夜のテクニック」を、AV男優が特別授業!
写真

オススメ情報

しりあがり寿が激白! 4コマ描写の禁忌と未来

マンガで他国を批判したら新聞社への情報が遮断!? 4コママンガにタブーは存在するのか?
写真

イチオシ企画

「SMAPがいない2017年」幕開け

昨年12月31日をもって解散したSMAP。キムタク抜きで行われた「食事会」が波紋を広げる。
写真



 >   > 『ど根性ガエル』第3話レビュー
構成作家・相沢直の“スナオなドラマ考”

ひろしはなぜ、主人公としてめんどくさいのか?『ど根性ガエル』第3話

 多くのテレビドラマにおいて、というかすべてのジャンルのフィクションにおいて、主人公とは視聴者と視線を同一にする。あるいは、少なくとも視聴者から共感を呼ぶような形で描かれる。例外はあるが、それが基本的なルールだ。しかし『ど根性ガエル』の主人公・ひろし(松山ケンイチ)は、そうではない。視聴者が時にイライラしてしまうほどだ...


[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。