日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 山瀬まみを追い出したNHKの愚策

NHKの愚策!? 知りすぎてしまった女・山瀬まみを追い出した『ガッテン!』に早くも流れる打ち切り説

NHKの愚策!? 知りすぎてしまった女・山瀬まみを追い出した『ガッテン!』に早くも流れる打ち切り説の画像1ホリプロ公式サイトより

 3月16日の放送をもってNHK『ためしてガッテン』が終了し、21年間にわたってレギュラーを務めてきた山瀬まみも“降板”した。なぜ降板かといえば、4月13日からはリニューアルした『ガッテン!』が放送を開始。司会は、引き続き『ためしてガッテン』の立川志の輔が担当、さらに小野文惠アナウンサーも続投しているからだ。

 結果的に山瀬のみが番組から追い出される形となったため、なんともモヤモヤした気持ちになった視聴者は多いようで「山瀬まみがいないのは寂しい」「なんかすごい陰湿な雰囲気がするんだけど」「このリニューアル必要ある?」「功労者に、この仕打ちはないわ」と非難轟々。しかし、なぜこんなことに?

「まずひとつは、リニューアルという意味合いですよね。放送時間が水曜20時から、19時30分に繰り上げされることをきっかけに、何か新しいことをしようと思ったのでしょう。21年も続いていることから、マンネリ感は否めませんでしたし。とはいっても、同番組の視聴率は高く、最近の平均視聴率は12%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)ほどで、無理してリニューアルする必要はなかったのでは?」(芸能記者)

 2015年度は『ためしてガッテン』の裏で、『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)、『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』(フジテレビ系)など人気バラエティ番組が放送されており、その中で平均視聴率約12%はかなり健闘していたといえるだろう。

「人気低迷でなければ、やはり裏の理由ですね。山瀬は降板について、今月2日に放送された『サワコの朝』(TBS系)で、『21年頑張ったんですけれども、私はもう“知りすぎた”って言われまして』『そういうこと言われたら、ノコノコ次の収録行くわけには行かないので』『だいぶ悲しかったですね』と語っており、明らかに円満卒業ではないことをにおわせています」(同)

 NHKは、リニューアルという名のもとに山瀬を追い出したかっただけなのだろうか?

「確かに山瀬の魅力はわかりづらく、出演番組を見ていてもそこまで貢献していないように思えるので、人件費削減で真っ先に削られたのかもしれません。しかし、業界では山瀬は番組における“長寿の秘訣”ともいわれています。現在、山瀬は4本のレギュラー番組を持っているのですが、1971年から続く『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)には97年から山瀬がレギュラー出演、『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)は2004年の番組開始時から出演と、2本も10年以上同じ番組に出演し続けています。つい最近までは『ためしてガッテン』もあり、これはかなり異例のことなんです」(同)

 不可解な理由で山瀬を切ってしまったNHK。初回こそ『ガッテン!』は12.5%という高視聴率を記録したものの、山瀬の代わりのゲストには久本雅美、榊原郁恵などを呼び、特に目新しさなどは感じないことから、ますます視聴者からの不満は大きくなっている。目に見えない“長寿の秘訣”が消えてしまったことで、同番組の打ち切りはすぐそこまで迫ってきているのかもしれない。

最終更新:2017/05/25 19:22
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真