日刊サイゾー トップ > 芸能  > 落語界がマルサに戦々恐々! 正蔵申告漏れは氷山の一角!?

落語界がマルサに戦々恐々! 正蔵申告漏れは氷山の一角!?

 4月16日、落語家の林家正蔵が、東京国税局から約2200万円の所得隠しを指摘されていたことがわかった。

 申告漏れ総額は2005年までの3年間で計約1億2000万円で、追徴税額は計約4500万円に上るとみられる。これに対して落語界からは「迷惑この上ない」(若手の落語家)というブーイングが上がっている。

 それというのも、所得隠しの「タロ」(「金」を意味する落語界の隠語)の出所に問題があったからだ。所得隠しの対象となったのは、05年3月に「9代目林家正蔵」を襲名した際の“御祝儀”。東京・根岸の自宅地下室から空の祝儀袋が大量に見つかり、東京国税局が「所得の隠蔽」と認定した。正蔵は釈明会見で、「父の代からお金のことは大まかだった」と、父・林家三平の名前まで出すという不真面目な謝罪をした。

それに対して前出の若手落語家は、「正蔵師匠にとっては軽い問題かもしれないが、自分たちにとっては大問題だ」と憤る。

 落語家の懐事情は、正蔵などの大物落語家を除けば、大半は厳しい。本業である寄席への出演は1日数千円の稼ぎにしかならず、あとは司会や余興などで食いつないでいるのが現状。だからこそ有力な収入源となっているのが、この祝儀なのだ。ある興行関係者は、「若手落語家の年収はせいぜい300万円程度であり、贔屓筋からの祝儀で食いつないでいるのが現状」と指摘する。

 今回の申告漏れの指摘は、「申告もせず金ばかり使っていた正蔵に対し、国税当局がキレたのではないか。国税は、一度指摘したケースを前例として、同じ業界を集中的にマークする傾向がある」(金融関係者)といい、今後は、ほかの落語家の祝儀が国税当局に指摘される可能性も出てくる。ろくな収入がない若手落語家にとっては死活問題であり、「9代目襲名に批判の声もあった正蔵を、さらにうっとうしく思う落語関係者も増えそう」(興行関係者)とのことだが、そもそも本来は申告すべきものだということも忘れないでいただきたいものである。(千代田文矢/「サイゾー」6月号より)

最終更新:2019/08/07 17:09
こんな記事も読まれています
関連キーワード

落語界がマルサに戦々恐々! 正蔵申告漏れは氷山の一角!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真