日刊サイゾー トップ > 芸能  > グラドル大久保麻梨子移籍 裏にはセクハラ&借金騒動!?

グラドル大久保麻梨子移籍 裏にはセクハラ&借金騒動!?

 「FLASH」(光文社)6月26日号に、「所属事務所社長の鬼畜セクハラ三昧を緊急告発」との見出しが躍った。関西の芸能プロ・ノイエに所属していた女性が、同社代表の飯田新吾氏から受けたセクハラの数々を告白したのだ。

 同誌は、同事務所の看板グラビアアイドル・大久保麻梨子を再三にわたって推していた。にもかかわらずこのタイミングで記事が出たことの裏には事情があると、ある芸能関係者は語る。

「6月20日付で大久保が、ネバーランドというプロダクションに移籍したんです。大久保がいなくなったからこそ、思う存分叩ける、というわけですよ」

 これに対し「FLASH」側は、「(記事掲載と移籍が重なったのは)まったくの偶然」と否定するも、「大久保の移籍を進めるため、ネバーランドが『FLASH』に書かせたのでは」(雑誌関係者)と見る向きもあり、偶然というには確かにタイミングがよすぎる。

 そんな最中の7月下旬、マスコミ各社に宛て、飯田代表の退任と、社名を「フランジ」と変更する告知が届く。

「大久保の移籍も前代表の退任も、以前から動いていたこと。記事が出たことによって結果的に動きが早まりはしたが、直接的な原因ではない」

 こう語るのは、フランジの新代表に就いた、前代表の実弟・飯田耕平氏。大久保の移籍理由は、「仕事に対する方針の違い」とのこと。新社長の対応からも、事務所の再建に奔走する様子がうかがえたが、一方で同事務所の台所事情に対する、不穏な噂もある。

「少し前に、『ノイエが身売りしようとしている』という噂が広がった。でも、前代表時代に神戸に自社スタジオを造ったりして、ノイエには1億円以上の借金があるとされる。業界内の反応は渋かったですね」(芸能関係者)

 この噂の真偽はともかく、同社にまつわる一連のゴタゴタが前代表の暴走に起因することは間違いない模様。お家騒動的な側面も見え隠れするこの退任劇、吉と出るか凶と出るかは、新代表の手腕次第であろう。(エリンギ/「サイゾー」9月号より)

最終更新:2008/06/06 18:21
こんな記事も読まれています

グラドル大久保麻梨子移籍 裏にはセクハラ&借金騒動!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真