日刊サイゾー トップ > 社会  > 『ニュース23』新キャスター決定の裏に、共同通信の内部対立!

『ニュース23』新キャスター決定の裏に、共同通信の内部対立!

 10月23日の夕方、マスコミ各社にちょっとした衝撃情報が走った。肺がん治療のためにテレビ画面から離れていたキャスター筑紫哲也氏に代わり、TBS『筑紫哲也 NEWS23』のメインキャスターに共同通信社の現役編集局長の後藤謙次氏が起用されることが内定したからだ。

 共同通信もさっそく人事記事を配信し、後藤氏が23日付けで編集局長から総務局付きとなり、31日には正式退社すると伝えた。11月1日にはTBSと出演契約を結ぶ運びで、年内にも番組出演するという。

みのもんた起用をなんとか回避

「後藤氏は政治部長出身で、とくに自民党旧経世会に強く、亡くなった竹下登元首相や野中広務・元自民党幹事長とは昵懇の仲だった。毎日新聞の名物政治部記者である岩見隆夫と肩を並べるほどの書き手でもあり、野中さんのゴーストライター役ともいわれています」(大手紙の政治部記者)

 衝撃を与えたのは、まずはなにより筑紫氏の容体が懸念されるからだ。TBSサイドによると、筑紫氏はスペシャルアンカーとしてできる限り番組出演を続けるつもりで、『筑紫哲也 NEWS23』という看板は降ろさないという。

「しかし突然のメインキャスター交代劇のせいで『筑紫さん重篤説』はますます強まった。実は、筑紫さんが5月に休養宣言して以降、TBS社内ではすでに後任探しが始まったのですが適任者が見つからず、『こうなったらみのもんたしかいない』という声まで出て報道局は頭を抱えていたんです」(TBS 関係者)

 後藤氏は05年4月から1年間、同じTBSのニュース番組『イブニング5』にコメンテーターとして出演した実績があり、最適任と判断されたようだ。

共同通信内での対立

もうひとつ、驚きをもって伝えられたのは、日本を代表する国際通信社の現役編集局長が突然会社を去ることになったためだ。

「実は、後藤さんは社長と対立していたんです。辞職したのは社長に対する“憤死”と受け止められています」

と語るのは、現役の共同通信労働組合のある関係者。

「いま共同では、『構造改革』と称してインターネットや携帯媒体へのニュース配信をもくろむ『多メディア化』を社長が一気に進めています。そして新たに『映像センター』なるセクションを設け、たとえば編集局の写真部記者にスチールカメラとは別にビデオカメラをもたせ、映像センターにすべて異動させようとしています。これでは全国の新聞社に写真を配信している編集局の機能が激減してしまう。編集局を守りたい後藤さんとしてはどうしても譲れない一線で、ことあるごとに社長に反対意見を表明していましたが、どうやらさじを投げてしまったようなのです」(労組関係者)

 大手メディアの顔ともいえる編集局長が、さじを投げるとはなんとも穏やかではない。なにやらきな臭いキャスター交代劇。さらに、すでに後藤氏の退社をめぐっては、週刊誌も動き出したといわれている。対立の実態は、前述した問題だけではないとの噂もある。いったい社内で何が起きたのか、真相をぜひとも知りたいところだ。
(編集部)

【関連記事】 “守屋疑惑”を抜け駆け報道した朝日の功罪
【関連記事】 『NEWS ZERO』独特の“軽薄”に秘められた使命とは?
【関連記事】 「サイゾー」が先月報じた防衛省スキャンダルがついに弾けた!
【関連記事】 過熱する『オーラの泉』批判、ゴールデン進出は失敗!?
【関連記事】 タブーなきデヴィ夫人!! “中居・倖田”から拉致問題まで!(前編)
【関連記事】 イケメン弁護士が過激告白 逮捕歴とテレビに出る訳(前編)
【関連記事】 羽賀事件の裏で狙われる、大物芸能人の「危険度」

最終更新:2008/06/17 22:46
こんな記事も読まれています

『ニュース23』新キャスター決定の裏に、共同通信の内部対立!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真