日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「ネギま!」赤松夫人、人妻アイドルとしてついにCDデビュー!!

「ネギま!」赤松夫人、人妻アイドルとしてついにCDデビュー!!

20071016_kanon1.jpgCDジャケット裏面では妖艶な谷間も披露しちゃってます

 大ヒット漫画『魔法先生ネギま!』の作者・赤松健さんの夫人・佳音さんがコスプレ写真満載の公式サイトを開設したことは先日の記事でお伝えした通りだが、このたびCDシングル「それが、かのん流!」(メロンブックス)で歌手デビューまで果たしてしまった佳音さん。恋する女の子のときめきやせつなさを歌った極上の電波ソング(?)だ。

「♪お仕事優先 悲しくもなるけれど 応援してあげたい それが かのん流!」

「♪あぁ…もう少しだけ あぁ…一緒にいたいよ」

20071016_kanon2.jpgまるごと一冊赤松佳音本「NANAHIKARI☆」

など、健気な嫁心を綴った歌詞は、佳音さんの完全自作。率直な想いをメロディに乗せて届ける、これが音大声楽科卒の夫人ならではのまさに“かのん流”愛の告白なのかもしれない。

 歌詞からは多忙な旦那様との結婚生活が思い浮かばれるが、実際、旦那様である赤松健さんは、週刊漫画誌で大人気連載を抱える身。仕事場と家との往復の日々で、帰宅が夜遅くなることもしばしばで、佳音さんが寂しがるのも無理はない。

 だが、仕事場へ向かう旦那様のために毎朝作る愛妻弁当には、栄養バランスを考えて、7種類以上の野菜を入れるように心がけているそうで、歌詞通り、頑張る夫を応援する健気な妻なのだ。人妻アイドルとして、キューティーマミーにも負けない心意気を感じさせる。

 佳音さんファンのひとりでアイドルに詳しいAさんによると、「今は“アイドル”というと、グラビアが主流。歌って踊るアイドルというのは、どんどん減少傾向にある」という。そんな中で、往年のピンクレディーを彷彿とさせるような衣装に身を包み、振り付けつきでポップソングを歌い踊る彼女は貴重な存在。しかも、アイドルといえば通常、恋愛は御法度。恋愛発覚で謹慎したり、結婚で引退することさえ未だに多いが、佳音さんは既婚者だ。それにもかかわらず、多くのファンを獲得、萌え心をくすぐっている。

 赤松佳音は、アイドル不在の時代に突如として現れた、次世代型人妻アイドルなのかもしれない。
(編集部)

赤松佳音(あかまつ・かのん)

東京都出身。国立音楽大学声楽学科卒。公式HP

「それが、かのん流!」
9月27日リリースの赤松佳音デビューシングル。こちらにて発売中。(税込525円)

【関連記事】 大ヒット漫画『ネギま!』作者はキュートな萌え妻にメロメロ!?
【関連記事】 “鉄ドル”木村裕子 が「鉄道オタク=キモイ」のイメージを打破!
【関連記事】 “オシリーナ”秋山莉奈のおしりの触り方♪

最終更新:2008/06/09 19:39

「ネギま!」赤松夫人、人妻アイドルとしてついにCDデビュー!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

押井守“原案”の映画『ビューティフルドリーマー』 公開!

 押井守監督らが参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1...
写真