日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 横峯さくらに借金1000万円の過去!? 借り入れ先はなんとパパ!

横峯さくらに借金1000万円の過去!? 借り入れ先はなんとパパ!

20071109_sakura.jpgタイトルにある「てげてげ」とは焦らず急がすという意味
『あがってナンボのてげてげ人生論』(小学館)

 宮里藍と並ぶ、女子プロゴルフ界のアイドル横峯さくら。まだ21歳ながら、昨年度のツアー獲得賞金は約1億円と、名実ともにトッププレイヤーの仲間入りを果たした。そんなさくらに、借金1000万円の過去があるという……。



さくらパパが投資の名目で娘に1000万円を要求!

 参議院議員となったお騒がせな父・良郎。賭けゴルフや不倫報道、さらには飲み会で女性にテキーラを一気のみさせて泥酔状態にしたうえで、下着姿を写真に撮るなどの卑劣な行為が「週刊新潮」で報じられ、現在発行元である新潮社と、不倫関係にあった女性を相手取り提訴している。

 かつては居酒屋事業に失敗し、借金を抱えた経験もあり、金にはうるさいらしく、「週刊新潮」の記事でも、愛人女性が「限度を超えたケチぶりについていけなくなった」と語っていた。

 そんなさくらパパ、実は3人の娘にも、プロゴルファーにさせるために投資した金の返済を迫っていたのだ。著書『あがってナンボのてげてげ人生論』(小学館/07年刊行)の中で、幼少期の娘たちに、「お前たちのために苦労を重ね、お父さんは借金までした。(略)将来、プロになったら1人1000万円ずつ返してもらう(略)消費者金融で借金してでも必ず回収させてもらう」とまで言っている。

 実際、さくらは、プロ2試合目で1000万円を返済。長女の留衣は、プロにはなったが、いまだに返済中。なによりかわいそうなのが次女の彩花だ。プロゴルファーへの道を諦め、地元鹿児島でアパート暮らしをしながら、実の父親への借金を返している。毎月7万円の給料から6万円を返済しているというから、涙ぐましい話。しかし、ここでも良郎は返済の誓約書に署名捺印をさせる徹底ぶりを発揮。「お金を当てにしていたのではなく、すべては子ども達の教育のためです」と語っているが、借金の誓約書をかかせるのも教育の一環なのだろうか?

 賭けゴルフや年金未納、などの不祥事連発で、議員という資質に疑問符がつくさくらパパ。実の娘にも借金返済を迫る非情ぶりは、議員よりも借金取りに向いてるのでは?
(編集部)

【関連記事】 これも日米の野球の違い?夕刊フジ記者の、ある“羞恥”
【関連記事】 “負けても代表”谷亮子は柔道界のアンタッチャブル!
【関連記事】 ママになった谷亮子は、想像以上に美しくなっていた!?
【関連記事】 ハンカチ王子重用、早大監督の胸算用
【関連記事】 ネットビジネスで“一獲千金”の罠! 儲けの仕組みと違法性

最終更新:2013/02/12 11:36
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真