日刊サイゾー トップ > 芸能  > 金持ちプロゴルファー娘。にハロプロファンは怒り心頭!?

金持ちプロゴルファー娘。にハロプロファンは怒り心頭!?

20071119_%C2%B0C-ute.jpg中央緑色の洋服が、鈴木愛理
℃-uteシングル『都会っ子 純情』/ゼティマ

 宮里藍、横峯さくら、上田桃子、そしてハニカミ王子こと石川遼と、若いアイドルゴルファーの活躍目覚ましいプロゴルフ業界だが、現役アイドルのパパも活躍中だということをご存じだろうか? そのゴルファーとは、鈴木亨プロ。1990年のプロデビュー以降、ツアー通算7勝、獲得賞金総額も6億6000万円以上を誇っている。

 そして彼の娘の名は、鈴木愛理(13)。モーニング娘。率いるハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)内の7人組ユニット℃-uteに在籍する現役アイドルである。鈴木プロも娘のことをよくネタにしており、今年9月の東海クラシックで石川遼と同じ組でコースを回った際、「『娘を嫁候補にどう?』って話してみようかな」などと発言、愛理ファンをやきもきさせている。

 一般にはそれほど知られていない鈴木プロだが、妻の京子氏も元プロでゴルフ教室を主催しており、鈴木家の資産はかなりのもの。そこでハロプロファンの間では、「愛理はお嬢様」とネタにされているという。しかし、それが、逆に反感を買うこともあるとか。

「10月21日に行われたコンサートのMCで、『皆さんもスキー場に行くと思うんですけど、私も毎年家族でスキー場に行きます』と、スキーがさも国民的行事であるかのごとく語ったんです。以前にも、軽い口ぶりでグァム旅行の話をするなど金持ち発言を繰り返している。ハロプロファンには〝下流〟の若者も多いので、反発を覚える者もいますね」(℃-uteファンの男性)

 しかし、さすが多くのアイドルを抱えるハロプロ。そういうファンが好む〝貧乏キャラ〟もいるというから驚きだ。

「ハロプロの中には、裕福な家庭とはいえない子もいるんです。例えばももち。彼女が愛理の発言を聞いたら、どんな悲しい顔をするか……」(Berryz工房ファンの男性)

 ももちとは、ハロプロ内のユニットBerryz工房に在籍する嗣永桃子(15)のこと。彼女の場合、「弁当のおかずが煮豆だけだった」「メンバーとファミレスに行った際、水に砂糖を入れて『もうジュースとか飽きちゃった』と発言した」等々、貧乏エピソードには事欠かない。

 加護亜衣、藤本美貴、後藤真希など、貧しい家庭に育ったとされるハロプロメンバーの現状は決して良いとはいえない。しかし、漏れ伝わってくるその不幸さをこそ愛するファンが多かったのも、また事実なのだ。

 10月末、ハロプロの公式ファンクラブは、年会費6万3000円のエグゼクティブ会員を新設することを発表。これは、コアなファンから金を搾り取ろうとするアコギな行為だと、一部ファンの反発を招いた。ゴルフ同様ハロプロも、〝金持ちの道楽〟へと変化してしまうのだろうか?
(エリンギ/「サイゾー」12月号より)

最終更新:2013/10/11 18:56
こんな記事も読まれています

金持ちプロゴルファー娘。にハロプロファンは怒り心頭!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真