日刊サイゾー トップ > 社会  > みうらじゅん、ひこにゃんピンチに物申す

みうらじゅん、ひこにゃんピンチに物申す

20071128_hikonyan.jpg騒動の渦中にいる“ひこにゃん”の今後の運命やいかに?
/国宝・彦根城築城400年祭HPより

 先日の記事でもご紹介した、滋賀県彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」を巡る騒動。中日新聞などによると、今月26日に彦根簡易裁判所で開かれた2回目の民事調停において、それまで頑なに調停を拒否していた彦根市側が、一転して歩み寄る意向を示した。これで、どうやら「ひこにゃん」の引退だけは免れそうだ。

 ところで、こんな騒動を引き起こしてしまった「ひこにゃん」というキャラクターには、どのような魅力があるのか、“ゆるキャラ評論家”であるみうらじゅん氏に聞いた。


「ひこにゃんは、ゆるキャラとしては可愛すぎます。やっぱネコですからね。地方(やイベント)をアピールしたいがためにてんこ盛りになりすぎ、哀愁まで誘う(……という、他のゆるキャラのような)シュールさが少ないと思います」(みうら氏)

 その可愛さゆえ、“ゆるキャラファン”の枠を超えて多くの人々に愛され、訴訟問題にまで発展する騒ぎになってしまったわけだが……。ゆるキャラを巡って、作者と市や県、団体がモメる事例はこれまでにもあったのだろうか?

「大概は、キャラは(市や団体などが)買い取りじゃないでしょうか? 権利や金とゆるキャラは、水と油ですから」(みうら氏)

 なるほど、やはりひこにゃん誕生の時点で、「著作財産権」のありかたなどについて誤解が生じないよう、双方が話し合いを持つなどの配慮をすべきだったのではないだろうか。 通常、ここまでビッグネームになり、市や業者にとって“打ち出の小槌”と化してしまうようなゆるキャラは、そうそういない。もはやひこにゃんは、ゆるキャラの範疇を超えてしまったようだ。みうら氏は「騒動が終わったら、世界初のゆるキャラ謝罪会見が見たいです」とのこと。

 ひこにゃんが「お騒がせしてごめんにゃさい」とぴょこんと頭を下げてくれたら、この騒動の関係者たちも少しは心癒される? すでに全国区の人気者であるひこにゃんが、お蔵入りになってしまうことだけはあってほしくないと願います。
(編集部)

【関連記事】 “ひこにゃん”彦根市vs作者闘争で大ピンチだにゃん!
【関連記事】 マーティもベタ褒めする“初音ミク”の新展開とは?
【関連記事】 あなたの空想を無印良品が商品化!

最終更新:2008/06/27 21:02
こんな記事も読まれています

みうらじゅん、ひこにゃんピンチに物申すのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...
写真