日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「週刊現代」で連載中の覆面作家、自らブログでネタばらし !?

「週刊現代」で連載中の覆面作家、自らブログでネタばらし !?

20071228_onair.jpg「週刊現代」で“覆面作家”が連載中の『オンエア』

「人気芥川賞作家が覆面で女子アナの生と性を描く新連載小説スタート!!」の煽り文句のもと、「週刊現代」で始まった連載小説「オンエア」。暫定ペンネームを“芥川龍”とした性別不明の芥川賞受賞作家が、華やかな女子アナの世界の表と裏を描く官能小説として、現在、同誌ではこの覆面作家が誰かを当てる懸賞クイズを実施しているが、年明けにはいよいよその正体が明らかにされる予定だ。しかし、その発表を前にして、すでに一部では、「この覆面作家は柳美里だ」ともっぱらの噂になっている。

20071228_onair2.jpg「週刊現代」1月5・12日合併号
/講談社

「というのも、柳美里が自分のブログ日記『今日のできごと』の中で、『週刊現代の連載のため、アナウンサーを取材』など、週刊現代で仕事をしていることを堂々と書き込みをしているから(笑)。ちなみに、今、柳美里名義の連載は同誌には掲載されていません」(某出版関係者)

 さらに、柳美里に近い関係者を直撃すると、この事実をあっさりと認めた。柳美里といえば、スキャンダラスな作品を数々世に送り出し、つい先日も、私生活を赤裸々に綴った日記『柳美里不幸全記録』の表紙カバーで女性作家として初めてヌードを公開するなど、“身も心も赤裸々にさらけ出す”ことを信条とする作家。今回も、ギリギリまで「あの覆面作家は誰だ?」と読者の関心を高め、話題づくりをしたい編集部の思惑などお構いなしで、自らの日常をウソ偽りなくオープンにしてしまうところはさすが、である。

【関連記事】 柳先生激怒!「en-taxi」編集部は関係修復に躍起!?
【関連記事】 「フラッシュ」が暴いた「FRIDAY『発売中止』の全真相」の真相
【関連記事】 香川県3人殺害事件でマスコミが金を払った人物とは?

最終更新:2008/06/27 22:35

「週刊現代」で連載中の覆面作家、自らブログでネタばらし !?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ランボーシリーズ最終作日本公開

 シルベスター・スタローンの出世作『ロッ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真