日刊サイゾー トップ > 社会  > デアゴスティーニ「分冊百科」大延長に、ファンの悲鳴(後編)

デアゴスティーニ「分冊百科」大延長に、ファンの悲鳴(後編)

20080215_deago2.jpg地方でテスト先行販売された後、全国
販売された『週刊昭和タイムズ』

前編はこちら

 さらには、こんな読者の声も。

「『週刊鉄道データファイル』は当初100号完結予定だったが、200号に延長され、さらに300号に延長。いつになったら完結するの!?」

 ほとんどのタイトルの公式サイトには「完結号数は変更されることがございます」との注意書きがされているが、計算外の大幅な延長は読者にとってはサイフも痛むし、迷惑な話。しかも、読者からは「サービスセンターに電話しても、延長理由を教えてくれなかった」といった声まで聞こえてくる。ここには、どんな事情があるのか?

「完結の延長は読者からの要望のときもありますし、パーツ付きマガジンの場合は、一度完結させた後、社内からのアイデアなどで、追加することでより機能を充実させるパーツが供給可能な場合に、延長となることもあります。継続して購入するかどうかは、読者が自由に選択できますが、概ね好評を得ております」(前出・マーケティング部)

 そうはいっても、コンプリートを楽しみにしているコレクターなら、泣き寝入りして買い続けるしかないだろう。ここで試しに、現在出ている高額なシリーズのひとつである『週刊ロボザック』(創刊号890円、通常価格1990円 ※22号のみ4990円/85号で完結予定)をすべてコンプリートするといくらかかるか計算してみたところ、ナント総額17万1050円(+別売バインダー1290円×6冊)、月日にして約2年であった。(ヒーッ!)

 今年は日本進出20周年で、新タイトルの創刊ラッシュも控えているデアゴスティーニ。コレクターやマニアのツボを的確に突いた戦略は確かにお見事だが、大枚をはたいている読者の声にも、もう少し耳を傾けるべきではないだろうか?
(小石川光希/「サイゾー」2月号より)

【関連記事】 炎上阻止部隊がスゴイ!? タレントブログ始めるならアメブロ!!
【関連記事】 スマイルもひきつる? マクドナルドの冷酷な経営姿勢
【関連記事】 他社に厳しく自社には超アマ!二枚舌・朝日新聞の偽装委託

最終更新:2008/02/15 18:28

デアゴスティーニ「分冊百科」大延長に、ファンの悲鳴(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真