日刊サイゾー トップ > 社会  > デアゴスティーニ「分冊百科」大延長に、ファンの悲鳴(後編)

デアゴスティーニ「分冊百科」大延長に、ファンの悲鳴(後編)

20080215_deago2.jpg地方でテスト先行販売された後、全国
販売された『週刊昭和タイムズ』

前編はこちら

 さらには、こんな読者の声も。

「『週刊鉄道データファイル』は当初100号完結予定だったが、200号に延長され、さらに300号に延長。いつになったら完結するの!?」

 ほとんどのタイトルの公式サイトには「完結号数は変更されることがございます」との注意書きがされているが、計算外の大幅な延長は読者にとってはサイフも痛むし、迷惑な話。しかも、読者からは「サービスセンターに電話しても、延長理由を教えてくれなかった」といった声まで聞こえてくる。ここには、どんな事情があるのか?

「完結の延長は読者からの要望のときもありますし、パーツ付きマガジンの場合は、一度完結させた後、社内からのアイデアなどで、追加することでより機能を充実させるパーツが供給可能な場合に、延長となることもあります。継続して購入するかどうかは、読者が自由に選択できますが、概ね好評を得ております」(前出・マーケティング部)

 そうはいっても、コンプリートを楽しみにしているコレクターなら、泣き寝入りして買い続けるしかないだろう。ここで試しに、現在出ている高額なシリーズのひとつである『週刊ロボザック』(創刊号890円、通常価格1990円 ※22号のみ4990円/85号で完結予定)をすべてコンプリートするといくらかかるか計算してみたところ、ナント総額17万1050円(+別売バインダー1290円×6冊)、月日にして約2年であった。(ヒーッ!)

 今年は日本進出20周年で、新タイトルの創刊ラッシュも控えているデアゴスティーニ。コレクターやマニアのツボを的確に突いた戦略は確かにお見事だが、大枚をはたいている読者の声にも、もう少し耳を傾けるべきではないだろうか?
(小石川光希/「サイゾー」2月号より)

【関連記事】 炎上阻止部隊がスゴイ!? タレントブログ始めるならアメブロ!!
【関連記事】 スマイルもひきつる? マクドナルドの冷酷な経営姿勢
【関連記事】 他社に厳しく自社には超アマ!二枚舌・朝日新聞の偽装委託

最終更新:2008/02/15 18:28
こんな記事も読まれています

デアゴスティーニ「分冊百科」大延長に、ファンの悲鳴(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真