日刊サイゾー トップ > 芸能  > エコ活動に没頭する小沢健二の“真意”とは?(後編)

エコ活動に没頭する小沢健二の“真意”とは?(後編)

20080325_ozaken2.jpg『うさぎ!』が連載されている季刊誌「子
どもと昔話」(小澤むかし話研究所)

 上映会の後、個人のブログやSNSに書き込まれた感想の中には、「大事な問題に気づかせてくれた」などと賛同する意見がある半面、「以前と方向転換しすぎていて、ついていけない」「グローバリズムの危険性に気づいてほしい、という訴えはわかるが、具体的に何を望んでいるのかが見えない」という否定的な声も上がっていた。上映後には観客とのトークセッションもなされたというが、「批判的な意見に関しては答えず、スルーしていた」などといった書き込みも見られた。


 これらの報告が真実なのか、オザケン本人に直接取材を申し込もうと、所属レコード会社のEMI ミュージック・ジャパンに問い合わせるも、「今は当社には在籍しておりません」と、すでにアーティスト契約が切れていることを伝えられた。

 「子どもと昔話」を刊行している「小澤むかし話研究所」の小澤俊夫氏にも、『うさぎ!』に関して取材を申し入れたが、「自分自身が書いていないものや、自分自身でない人について、論評することはできません」との返答。さらに、オザケン本人への取り次ぎを依頼するも、「あいにく、当研究所も小沢健二氏への連絡手段を持っていません」と、不可解な理由によって断られる始末。

 それならばと、古くからのオザケンファンの目に今の彼はどう映っているのかを聞くべく、何人かの上映会参加者にコメントを求めたが、オザケンの現状に戸惑いを覚えているのか、みな一様に言葉を濁していた。

 「それが、どんな生き方か、三時間とか、三日とか、三ヶ月とかで説明することはできません」と『うさぎ! 第六話』にあるように、「灰色との戦い方」を簡単に説明することは、困難なのかもしれない。しかし、ファンのひとりとしては、公共のメディアで具体的な話をしてくれることを願わずにはいられない。たとえそこが、彼にとっては「灰色」そのものの場所であっても。
(岡沢宏志/「サイゾー」4月号より)

【関連記事】 Perfumeから餃子問題まで Aira Mitsukiの本音に迫る!
【関連記事】 IZAM、ブログで必死の呼びかけ「ライブに来て!」
【関連記事】 電撃復活のX JAPAN 早くも金銭トラブル発生!?

最終更新:2008/05/21 22:34

エコ活動に没頭する小沢健二の“真意”とは?(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真