日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > “二世選手”次々台頭すれどキング・カズ二世、期待薄!?

“二世選手”次々台頭すれどキング・カズ二世、期待薄!?

 岡田ジャパンもU-23五輪代表も、いまいちパッとしない昨今のサッカー界。早くも次なる世代に期待しつつ、若手選手に目をむけてみると、元日本代表選手たちの“二世”が大勢いることに気づく。

 たとえば、水沼貴史の息子・宏太(横浜FM)、都並敏史の息子・優太(東京Vユース)、森保一の息子・翔平(広島ユース)など、二世選手たちがキラ星の如く輝いている。また、異色なところでは、元プロ野球選手・高木豊の三兄弟・俊幸、善朗、大輔も有名。ここに挙げた各選手が、U-13からU-19までの10代の日本代表に選出され、将来を嘱望されている。

 そこで期待されるのが、“日本サッカーの象徴”であり、人気、実力ともにいまだ衰えないカズのご子息。10歳と5歳になる兄弟がいて、彼らもサッカーをやっているのだ。ところが、早くもサッカー業界では「あきらめムード」が流れているという。

「長男はJリーグクラブの運営する某サッカースクールに通っています。“カズの子ども”だけに、当初、周囲からの期待はすごかったですよ。でも、幼稚園生の頃からサッカーを始めたそうなんですが、いっこうにうまくならないみたいで……(苦笑)」と、あるサッカー指導者は語る。また、カズの長男と一緒にプレーしたことのある子を持つ親は、「ウチの息子にドリブルで抜かれてました」とも。

「ただ、兄弟ともにまだまだ子どもなので、これからいくらでも伸びる可能性はもちろんありますよ。なんといっても、DNAは折り紙付き。いずれ才能が開花すると信じています」(前出・サッカー指導者)

 偉大な父を持つ子にとって、同じ世界での勝負は計り知れないプレッシャーがあるはず。カズのご子息には重圧に負けず、サッカー選手として大きく成長してほしいものである。数年後には、「50歳まで現役を続ける」というカズが、親子二代で同じピッチに立つ姿を見られるかもしれない!?
(編集部)

蹴音―三浦知良伝説の言葉

全力でボールを蹴りつづけた男の言葉

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 異議っ! ジャニーズだらけのスポーツ中継
【関連記事】 ビリヤード界の超新星は「ビキニ姿も辞しません!!」(動画付)

最終更新:2013/02/12 11:31
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真