日刊サイゾー トップ > 社会  > もはや“虫の息”の時事通信にダメ押しする共同通信の狙い

もはや“虫の息”の時事通信にダメ押しする共同通信の狙い

ns_jiji.jpg40歳以上を対象に早期退職を推奨する
など、死に体の感が漂う時事通信

 新聞・テレビにニュース提供する通信社といえば、日本では「共同通信」「時事通信」が二枚看板だ。戦前の国策会社「同盟通信」から、戦後すぐに枝分かれしただけに、いまも表向きは“兄弟関係”にある。

「地震などでどちらかがシステムダウンしたらもう一方がサポートするという契約がいまも生きている。それに、中国の新華社や旧ソ連のタス通信みたいな通信社1社態勢では情報の独占を生むので、2社競合は望ましい」と共同関係者。


 ところがそんな建前とは裏腹に、最近では共同による、時事潰しとも取れる動きが目立っている。時事が自治体向けに提供してきた情報紙に対抗し、共同も類似のサービスをスタートしたのだ。「新聞への配信シェアは、共同さんのほうが圧倒的。だからうちは、企業や自治体を狙った情報提供がお家芸だったのに」と時事関係者。

 時事は毎週発行の情報紙「地方行政」で、企業経営のノウハウを行政改革に適用する試みなどを紹介してきた。こうしたニッチな市場は、時事の数少ない独壇場だった。ところが、そこに的を絞ったように、昨年11月より、地方自治体に食い込んでいる地方紙の情報網を使った自治体向けニュースサイト「47行政ジャーナル」を開始。「地方行政」をしのぐ、圧倒的な情報量で時事を猛追し、ここにきて、「地方行政」休刊の噂まで出てくる始末だ。前出の時事関係者からは、「9年連続の赤字が必至で、その穴埋めのために電通株を大量売却するほどの経営難なのに、なぜ弱い者いじめをするのか?」との恨み節も出てきている。

「こうなると、共同との吸収合併も現実味を帯びてくるのではないか。一部には、年内にも大きな動きがあるといわれている。ただ、国民の利益を考えれば、2社の競合体制こそが健全。時事潰しは、共同のエゴだ」(業界関係者)

 昨年は朝日、読売、日経が提携するなど、激動が続くメディア業界。次は、時事の動向に注目が集まる。
(編集部)

【関連記事】 時事がいよいよメルトダウン 頼みの綱の電通株を売却!?
【関連記事】 「メガ文字」はクビ切り戦略? 紙面改革も、続く記者たちの受難
【関連記事】 『ニュース23』新キャスター決定の裏に、共同通信の内部対立!
【関連記事】 読売・朝日・日経連合が本気で毎日新聞潰しに!

最終更新:2008/06/06 18:54
こんな記事も読まれています
関連キーワード

もはや“虫の息”の時事通信にダメ押しする共同通信の狙いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真