日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 幽霊好き女子大生・さとう里香は「ツンデレダサ男」がお好き

幽霊好き女子大生・さとう里香は「ツンデレダサ男」がお好き

080616_satoh.jpg京都出身の正義感あふれるはんなり美女は、稲川淳二をこよなく愛する心霊好きだった!!

 撮影中に、突如降り出した雨──。薄手のワンピース姿の彼女が思わず肩をすぼめる。その横でぬくぬく顔の担当編集Yから上着を取り上げて彼女に渡すと、「大丈夫ですっ」と、弾けるような笑顔を見せてくれた。

 ん? この顔、どこかで見たことあるというアナタ、なかなかお目が高い。大きな瞳が印象的なこの美女は、現在、雑誌の水着グラビアや『ラジかるッ』(日本テレビ)のお天気お姉さんを務め、人気急上昇中のさとう里香チャン(21)。あの若槻千夏や木下優樹菜と同じ事務所の後輩というから、真性おバカキャラの流れをくむ天然チャンかと思いきや、法律を学ぶ現役バリバリの女子大生なのだ。

「生活保護のアドバイザーとか、人を助ける仕事がしたくて。でも去年上京して以降は、あまり通えてなくて……」

 正義感溢れるコメントもどことなくゆったり感じられるのは、出身地・京都弁のイントネーションのせい。しかし、本人いわく「サバサバ系の仕切り屋」なのだそう。

「人の世話をするのが、とにかく大好きですね」

 じゃあ、男性にも尽くすタイプ?

「う~ん、ナメられたくないから、つい強がって甘えられない。でも、部屋は絶対片付けてあげちゃいますね」

 と、しっかり者ぶりを発揮。が……

「実はかなりの大ざっぱで、自分の部屋は最近まですっごく汚かったんです。洗濯物を1週間以上ためたり、床にハサミが転がってたり(笑)」

 と、とんだカミングアウト。しかし、上京後はひとり暮らしを始めたこともあり、無事キレイ好きになったとか。では、そんな彼女が世話を焼きたくなる男性とは?

「子どもっぽくて、ちょいダサな人がいい。ズボンを上げすぎてハイウエストになってたり、丈がちょっと足りてないような人を見ると、母性本能がくすぐられます」

 おまけに「優しい男はNG。男からの『好き』も禁止」とのこと。つまり、ちょいダサにツンデレ? ストライクゾーンはマニアックなようで。だからなのか、里香チャンが今ハマっているのが、ホラー。といっても、映画ではない。

「稲川淳二のDVDが好き。作り話じゃないリアル感がいい。将来は、幽霊とか個性的な役で女優進出したいな」

 ツンデレダサ男に振り回された挙げ句、命を絶って霊になって蘇る……そんな彼女のマニア心を満たす役が、一日も早く訪れますように。
(西尾英子/「サイゾー」7月号より)

写真集『M.T.J GREEN TENNIS CLUB』

7月17日には新しい写真集も出るよ♪

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

さとう・りか
1987年4月18日、京都府生まれ。身長160cm、B82W58H82。『ラジかるッ』(日本テレビ)のお天気お姉さんとして、毎週月・金曜と隔週の水曜に出演中。所属事務所の先輩同様、バラエティ番組に出演することもあるが、「まだまだ上手におしゃべりできなくて、泣きそうなくらい落ち込むこともあります」とのこと。7月17日に写真集を、7月23日にはDVDを、共に学研より発売予定。公式携帯サイト「ぴ写っ!

0807hyoushi.jpg

サイゾー 2008年 07月号

「アイドルビジネスの舞台裏」

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 バンビ・小阪由佳ちゃん直撃! 「“ファック”って知ってる?」
【関連記事】 まるでAV嬢!? “処女ドル”森下悠里の過剰サービス
【関連記事】 巨乳グラドルがオールヌード!神楽坂恵からファンへの置き土産
【関連記事】 愛川ゆず季の100センチおっぱいの乳首って、どうなってるの?

最終更新:2008/06/18 01:59
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed