日刊サイゾー トップ > 社会  > “あるある捏造”関西テレビの懲りない「納豆ポスター」

“あるある捏造”関西テレビの懲りない「納豆ポスター」

aruaru.gif問題のポスターはこんな感じ。関テレは取材拒否のため、
証言と写メを元にイメージ画像を作ってみました。
(実際のポスターには「赤かこみ」はありません)

 2007年1月に起こった『発掘! あるある大事典』の納豆ダイエット捏造問題によって、日本民間放送連盟(民放連)から除名処分を受けていた関西テレビ。今年4月から制限付きで会員復帰を果たしているが、ここにきて、またもや“不祥事”が浮上している。同局に出入りしている関係者が語る。


「4月の民放連一時復帰に合わせて、捏造問題をあらためて自戒するポスターが社内に貼り出されたんです。『自律』『謙虚』『責任』『誠実』『改革』といった言葉がポスター全面に並べられていて、一見、真摯なポスターに見えます。でも、よく読んでみるとそこに『納豆』という二文字が入っているんです……(笑)」

 さっそく関西テレビに取材に赴くも、当然のごとく取材拒否。そこで日刊サイゾー編集部では、先の関係者の証言と、彼が撮ってきたという“写メ”を元にこのポスターの完全再現を試みた(上の画像)。その上で関西テレビに問い合わせてみると、「確かにそのようなポスターを貼っていますね」という返答だったのだ。

 このポスター、捏造・やらせの再発防止、番組制作健全化に向けて作られたものだというが、いったいなぜ「納豆」の文字があるのだろうか。これでは、納豆ダイエット捏造問題を“ネタ”にして遊んでいると言われても仕方がないのでは?

「そう言われましても……そもそもこのポスターは社内用に作ったものですので、外部の方に特にお話するようなことはございません」(関西テレビ広報部)

 さらに編集部では「このポスターを購入したい」と申し出たが、あえなく断られてしまった。

 テレビ業界を揺るがす大問題を巻き起こした同局だが、その体質は本当に改善されていくのだろうか。少なくとも、「納豆問題」は依然として糸を引いているようだ。

【関連記事】 糞尿の謝罪放送でTBSが2000万円の損害!
【関連記事】  芸能 羊水発言の余波とテレビ局と大手代理店の手打ち
【関連記事】 バカネタ・下ネタ、なんでもOK!“バラドル”急増のナゼ?

最終更新:2008/06/20 09:03
こんな記事も読まれています
関連キーワード

“あるある捏造”関西テレビの懲りない「納豆ポスター」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真